高速道路が渋滞する原因!あなたが渋滞を生んでいるかも!



ゴールデンウィークやお盆、年末年始などの時期に付き物と言えば道路の渋滞です。連休がある度に必ずニュースやワイドショーで話題に上がるのが高速道路の渋滞ですね…。避けようとしても避けられないのが渋滞です。

そんな高速道路の渋滞はなぜ起きるのでしょうか?今回は高速道路の渋滞がなぜ起きるのか?その原因についてお伝えします!

原因を知っていれば、あなたも渋滞解消に一役買えるかも!?

スポンサーリンク


渋滞とは?

まずは渋滞がどんなものかについて、改めて見ていきましょう!

渋滞の原因

渋滞ってそもそも何で発生するのでしょうか?実は意外な理由でした。

juutai
第一位:上り坂
第一位は、以外にも高速道路の上り坂です。

何でそんな何もないところでと思うでしょうが、上り坂に差し掛かると自然に速度が低下します。速度が下がると後ろの車が、車間距離を保つために、また速度を落とします。そうすると更にその後ろの車が車間距離を保つために速度を落とし…と速度低下の連鎖を生んで最終的に渋滞が発生します。

よく、高速道路の坂道で「速度低下に注意」とか「速度を落とすな」なんて看板がありますが、あれは渋滞を防止するためにドライバーに対して注意喚起しているわけです。

しかし、明らかに上り坂だと分かる場所であれば、意識して速度を保てますが、厄介なのは目の錯覚により、上り坂だと気付かない場所です。そういった場所では慢性的に渋滞が発生する場所なので、「速度低下に注意」の看板を見たら速度を保つように意識してみてください

第二位:トンネルの入り口
トンネルの入り口で渋滞が起きる理由も、基本的な理屈は上り坂と同じです。

トンネルの入り口は、明るい所から暗い所に急に入るため、よく先が見えない不安感や圧迫感から、無意識に速度を落としてしまいます。後は上り坂で渋滞が発生する理由と同じように速度低下の連鎖を生んで渋滞してしまいます。

第三位:インターチェンジ合流部
インターチェンジの合流部では一時的に交通量が増加します。

車同士が合流すればやはり速度低下の連鎖を生むので、渋滞が発生します。

第四位:料金所
料金所付近ではいつも渋滞が発生しているイメージですが、実は全体の1%に過ぎないそうです。

ETCが普及した影響もあるのでしょう。

渋滞ワースト記録

では、その渋滞のワースト記録をご紹介します。

渋滞中に読んでる方がいたらウンザリですね…。ごめんなさい。

日本記録
1995年12月27日(水)に名神高速道路の秦荘パーキングエリアから東名高速道路の赤塚パーキングエリア付近にまで発生した渋滞が日本記録といわれています。
全長はなんと154kmです。

年末とはいえ、多くの会社は29日からお休みに入ることを考えると、 なぜこの時期に起きたのでしょうか?理由は大雪による通行止めのためだそうです。大雪と年末という二つの理由が重なっての日本記録でした。

世界記録
2013年11月にサンパウロで起きた渋滞がなんと全長309Kmだそうです!

このサンパウロは世界一渋滞がひどい都市と言われており、日常的に160Km超えの渋滞を繰り返していて、この日は連休前で特に渋滞が集中してしまいました。日常的に日本記録以上の渋滞を起こしているなんて、車に乗る意味あるんでしょうか。経済発展に交通インフラが追い付いてないパターンですね。

ブラジルのお金持ちはプライベートヘリコプターで移動してるのは、渋滞が理由なのかもしれませんね。

スポンサーリンク


まとめ

a1180_004901
最近はカーナビも良くなって、渋滞を避けて案内してくれるようにもなりましたが、それでも車で移動すれば、渋滞は避けられません。

スイスイ移動できればそれに越したことはありませんが、残念ながら渋滞に捕まってしまったら、のんびり焦らず、仲良くしてください。世界には毎日100Kmオーバーの渋滞の中、通勤している人もいるのですから。


スポンサーリンク

コメントを残す



このページの先頭へ