結婚式しない方へのご祝儀!気を遣わせない事がポイント!



最近は結婚式をしないカップルも増えてきていますね。準備が面倒、人付き合いが煩わしい、できちゃった婚、再婚…。理由は色々あると思います。

結婚式をしないのは、自由なのですが、ちょっと困るのはそうした人たちへのご祝儀です。お金を贈る場合はいくらなのか?物を贈る場合は何が喜ばれるのか?などなど、普通に結婚式を挙げる人たちと比べて分かりにくいですよね?

そこで、結婚式をしない方へのご祝儀の金額や贈る品物についてお伝えしたいと思います!

スポンサーリンク


お祝いの品物と金額

096722
結婚式をしない人に対しては、具体的にはどういった物を贈るのが良いのでしょうか?基本的にはあまり大げさにしないことが大切なポイントです!大げさにするとその人に気を遣わせてしまいます

また、そもそも大げさにしたくないから結婚式を挙げないわけなので、嬉しいからといってあまりハイテンションでお祝いしすぎないように注意しましょう!

あくまで大げさにせず、そっとした感じで、次のような物を贈るのが、おすすめです!

  • お金
  • 食事券、旅行券
  • 複数人連名で贈る

それぞれについて詳しく説明しますね!

お金

まずはお金です。お金を贈るのは過去に自分が結婚した時などにご祝儀を貰ってる場合にしましょう。そうでない場合はお金を贈ると相手に気を遣わせてしまうので、基本的にお金を贈るのはやめましょう

結婚式をあげないということは、目立たないように人に気を遣わせないようにという気持ちもあるため、大げさにしないことが大切なのです。

贈る金額は自分にしてくれたご祝儀の金額と同額が基本です。

食事券、旅行券

f48f1fd3a7ac83459edcfe83921c12da_s
食事券や旅行券などもおすすめです。二人で特別な時間を過ごしてもらうわけです。こういった贈り物はいわゆる消え物なので、比較的に相手に気を遣わせずに済みます。消え物であれば他にも高級なお酒とかもおすすめです。

金額は1万円以下が目安です。それ以上は相手に気を遣わせてしまいます。ただし、旅行券などは高額になりがちなので、次に紹介する複数人連名で贈ると良いでしょう。

とにかく、大げさにしないことが大切なので、結婚式をしない人には特別な理由が無い限りはこういった品物を贈るのが一番です!

複数人連名で贈る

品物を贈ることには変わりありませんが、何人も賛同者を募って、みんなでお金を出し合い、その人の欲しい物を贈ります。基本的には大げさにしない方が良いのですが、結婚式でお祝いできない代わりにといって、みんなで連名で品物を贈ることはとても特別です!

贈る品物は消え物でも良いですし、その人が欲しがっている物が分かればそれを贈るのでも構わないでしょう!この贈り方は高額な物を贈りたい場合に適しています。

スポンサーリンク


贈る物の考え方

3c381da0e6a963667474402e7167142d_s
次に結婚式をしない方へご祝儀や贈る物を選ぶ場合の考え方について見ていきます。

結婚式をしない方の場合は、次のポイントを意識して考えると良いでしょう。

  • シチュエーション
  • 自分との関係
  • 贈る物

順番に見ていきましょう!

シチュエーション

その人がなぜ結婚式をしないのかを考えるのは最初のポイントです。人間関係を煩わしく思っているのか?できちゃった婚など、あまり大っぴらにしたくない理由があるのか?単に結婚式が面倒なのか?など、その人の事情を汲み取ってあげることが必要です。

いずれにせよ結婚式をしない人は、あまり大げさにしたくないことは確かなので、そっとさりげなくお祝いすると良いでしょう。

自分との関係

その人と自分の関係や、その人が過去に自分が結婚した時などにご祝儀を贈ってくれたかどうかなど、今までのその人との関係を考慮します。お世話になった人や友人など、特別な人ならば、特別な品物を贈り、そうでないのなら大げさにしない方が良いです。

贈る物

お金を贈るべきか、何かの品物を贈るべきかです。これについても基本的にあまり大げさにしない方が良いでしょう。金額にして1万円以下くらいの物が妥当です。

もっと高額で特別な品物を贈りたい場合は、この後に書いてある複数人連名で贈るやり方をおすすめします。

何かその人が欲しがっている物が分かればそういった品を贈るのが得策です!

スポンサーリンク


まとめ

081806
結婚式をしない人に対しては、基本的にお金よりも特別な品物がベターです。その人の幸せを願って気持ちのこもったものであれば、何でも喜ばれます!

大切なのは大げさにせず、そっとお祝いしてあげることです。祝福したい気持ちを込めて、品物を贈りましょう。

また、その人が欲しがっている品物を贈るのは理想ですが、何が欲しい品物かを相手に聞くのも気を遣わせてしまいます。欲しがっている物が分からない場合は、無理せず消え物を贈りましょう!

結婚式を挙げる挙げないのどちらにしても、その人にとって特別な門出なので、今回紹介したことを参考にして、その人を特別にお祝いしてあげてください!


スポンサーリンク


コメントを残す



このページの先頭へ