偏頭痛の原因はセロトニンの過剰!対処方法はストレスを溜めない事!



現代の日本はストレスの多い社会です。

ストレスは様々な病気を生みますが、偏頭痛(片頭痛)もそのうちの一つです。管理人の私も11歳の頃から、偏頭痛に悩まされています。

当時はまだ偏頭痛というものが知られてなく、こんな特殊な病気を持っているのは自分だけなのではないかと悩んだものでしたが、最近になってこんなにも多くの人が苦しんでると知って驚きました!同じ悩みを持つ人がたくさんいて、変な安心を感じたものです…。

当時は原因もよくわかっていませんでしたが、最近の研究では脳内ホルモンのうちの一つであるセロトニンの過剰分泌が関係することが分かってきました。原因が分かってくると、偏頭痛はまさにストレスの多い現代人の病気であることが分かってきました。

そこで、今回は偏頭痛の原因であるセロトニンの過剰分泌が起きる仕組みと、対処方法についてお伝えします!

スポンサーリンク


偏頭痛の原因

f4752f1bee00f7f09dfeeb79b1076862_s
偏頭痛の原因とはなんでしょうか?調べてみると、まさにそれは現代人特有の理由でした。早速、偏頭痛の原因を見ていきましょう。

直接的な原因

偏頭痛の直接的な原因は、頭の中の血管が拡張することです。偏頭痛は頭の中の血管が急激に収縮し、その後に一気に拡張することで、血管の周辺が腫れて炎症を起こすため激しい痛みを感じます。

血管が急激に収縮する理由は、極度のストレスから解放された時のセロトニンの過剰な分泌が原因です。

極度のストレスがかかった状態の脳では、ドーパミンやアドレナリンが大量に分泌され、ストレスの原因となっている事象を取り除くために、心身の能力を最大限に引き出している状態です。

血管は拡張して血流を増やすことで、脳は集中して処理能力が増大し、体は運動能力が高まった状態になります。しかし、この状態が長く続くのは、脳にも体にもかなりの負担がかかるため、ストレスの原因となっている事象が無くなると、今度はセロトニンが分泌されます。

このセロトニンには緊張を和らげて、脳をリラックスさせ、アドレナリンによって拡張させられた血管を収縮させる効果があります。

実はセロトニンの血管を収縮させる効果が、偏頭痛の原因になるのです!

長い間ストレスにさらされていると、脳にも体にも大きな負担がかかっているため、バランスを取るために大量のセロトニンが一気に分泌されます。

082245
その結果、血管の急激な収縮を引き起こします。その収縮の仕方は強烈で、収縮した血管が一時的に血流が無くなってしまうほどです。そして、その血管が視神経に血液を送っている血管の場合は、視神経に血液がいかなくなることで、視界の一部が見えなくなってしまいます。

これは閃輝暗点(せんきあんてん)という偏頭痛の前兆サインで、偏頭痛の全ての人にあるものではありません。ちなみに私は閃輝暗点が必ずあります。この前兆サインが起きると本当に憂鬱な気持ちになります…。

しかし、閃輝暗点が起きてる段階では、まだ痛くはありません。偏頭痛が起きるのはこれからです。

血流止まるくらいの血管収縮を起こすには、大量のセロトニンが分泌されます。そのため、一時的に脳の中にセロトニンが無くなってしまいます。そうなると、血管を適度に収縮させることができなくなり、今度は血管が一気に拡張します!

急激な血管の拡張は、血管の周りに炎症を引き起こすため、その炎症物質が頭痛になるのです。偏頭痛の痛みは血管の収縮と拡張の反動が大きいほど強烈になります!

偏頭痛を予防するには、セロトニンの分泌異常を起こさないような生活習慣を心がける必要があります。

ちなみに偏頭痛の症状については、こちらの記事に詳細を書いているので、良ければご覧ください!
偏頭痛の症状のチェックリスト!あなたの頭痛のタイプは?

セロトニンが分泌異常を起こす理由

このように偏頭痛の原因はセロトニンの過剰分泌です。しかし、普通のストレスでは偏頭痛が起きるほどのセロトニンの過剰分泌は起きません。

セロトニンの分泌は次のような条件が整った時に起きやすいです!

  1. 仕事などのストレスで、緊張状態が長く続く
  2. その仕事がひと段落する
  3. リラックスさせようとして、セロトニンを分泌させる
  4. 長く緊張状態が続いていたため、過剰にセロトニンが分泌されてしまう
  5. セロトニンの過剰分泌により、血管が急激に収縮してしまう
  6. セロトニンが枯渇して、今度は血管が一気に拡張して、偏頭痛を起こす

セロトニンは、精神的な安定をもたらす働きがあります。やる気のない時には元気を出す効果があり、緊張している時にはリラックスさせる効果があります。しかし、あまりにストレスが強い状況が続くと、リラックスさせようとする働きが過度に出てしまい、脳がセロトニンを一気に放出してしまいます

そのため、偏頭痛が起きるタイミングは、ストレスのかかる出来事から解放された時が最も多いため、週末などに起きることが多かったりします。偏頭痛持ちの人の中には頭が痛くなるのが嫌なので、仕事を週末もやっているなんて人もいるくらいです。

しかし、忙しい現代人はストレスを避けて生活することなど不可能です。では、どのようにしてストレスに対処すれば良いのでしょうか?

スポンサーリンク


ストレスへの対処法

256511
では、偏頭痛の原因となるストレスにはどう対処すれば良いのでしょうか?それには次のような方法がおすすめです!

  • 規則正しい生活
  • リラックスできる趣味
  • 物事に執着しないこと
  • 偏頭痛が起きそうな日を意識する

ストレスは避けられない以上、ストレスとは上手に付き合う必要があります。それにはこれらの方法を心がけるのが一番です。

それぞれを順番に説明しますね!

規則正しい生活

147739
セロトニンの分泌を正常化させるためには、良い睡眠が一番大切です。睡眠不足や不規則な生活は、ドーパミンやアドレナリンの分泌によって脳が緊張している状態を長くしてしまうため、反動的なセロトニンの過剰分泌のリスクを高めます。

そして、脳が緊張状態にあると、普段よりもストレスに対して敏感になってしまうため、それだけで、偏頭痛のリスクが上がってしまいます。規則正しい生活をすることは一番大切です。

まずは規則正しい生活と良い睡眠を心がけましょう!

リラックスできる趣味

リラックスできるというのがポイントです。例えば自然豊かな所にハイキングに行ったり、落ち着けるカフェで読書したりなど、脳を緊張させない趣味であることが大切です。

例えばTVゲームなど集中して、画面を見つめてやらなければいけないようなものは、かえって脳を緊張させ、偏頭痛のリスクを上げてしまうため、逆効果です。

物事に執着しないこと

これはある程度の訓練が必要ですが、大切なことです。

私は心臓の手術で入院していたことがあるのですが、手術が終わってから早く退院したかったため、毎日ストイックに体調管理をして、食べる物やリハビリもきっちりやっていました。

しかし、あまりにもストイック過ぎて、自分の計画通りにできなかったり、周りの邪魔が入ったりするとイライラしてしまい、そのストレスのせいで、入院中の前半はほぼ毎日のように偏頭痛に悩まされました

そこで、体調管理は適当にして、そのうち退院できるだろうと考え、リラックスすることを心がけたところ、入院中の後半は、ウソのように偏頭痛が消えました

偏頭痛になる人は、ストレスを抱えやすい人であり、ストレスを抱えやすい人は完璧主義の人が多いようです。あなたもちゃんと仕事をして、自分の責任を果たさないと、周りに申し訳なかったり、気が済まなかったりしないでしょうか?

もし、そうなら完璧であることに執着しないで、8割くらいの出来でOKとするくらいに変えると、偏頭痛も劇的に改善しますよ!

偏頭痛が起きそうな日を意識する

ストレスが長く続いた後、そのストレスから解放される日に「今日は偏頭痛が起きそうな日だから油断しないでおこう!」と意識しておくだけです。

理由は断言できませんが、油断しないぞという気持ちが、適度な緊張感になるからだと推測されます。そのため、一気にセロトニンが分泌されるのを防ぎ、徐々にリラックスしていくため、偏頭痛を予防できるのです!

この方法はいつも私が意識してやっている方法です。偏頭痛になる時は、必ずとても忙しい日が続いた時なのです。そんな時は必ず「あー、しまった今週はストレスの多かったのに油断してた~」と思うのが常です…。

カレンダーのストレスの多かった日に印を付けておく等すると、偏頭痛の危険が高い日を忘れずに済むので、おすすめですよ!


というわけで、偏頭痛は予防することが一番です。そのためにはこうした生活習慣を身に着ける事がとても大切です!

でも、それでも偏頭痛になってしまった場合には、こちらの記事に偏頭痛の治し方を書いているので、参考になさってください!
偏頭痛の治し方!即効性のある対処法はこの3つ!

スポンサーリンク


まとめ

64c6103a1092189520590f3148659262_s
現代の日本社会はたくさんのストレスを抱えて生活している人が多いです。そんな中で、偏頭痛に悩む人も増えています。

しかし、原因を正しく理解すると、頻度をかなり減らすことができます。私の場合、子供の頃はまだ偏頭痛という病気が一般的でなかったので、なんの対処方法も知りませんでした。そのため月に2回~3回は偏頭痛に悩まされていましたが、現在は偏頭痛という病気の知識があるため、年に3回~4回くらいしか痛くなりません!

私と同じように偏頭痛に悩んでらっしゃる方も、ストレスに正しく対処して、平和な生活を送ってくださいね!


スポンサーリンク


コメントを残す



このページの先頭へ