野球の振り逃げのルール!実は見逃し三振でも走っていい!



野球って日本ではポピュラーなスポーツですよね。小さい頃から、友達と空地なんかでよく遊んでいたので、ルールも自然に覚えましたが、本来野球のルールって難しいです。ちゃんと野球を習った人ならそんな事もないのでしょうが、もっぱらテレビで野球観戦するだけの人にとっては、実は細かいルールってちゃんと理解できて事が多いんじゃないでしょうか?

そういうわけで、野球の難しいルールをいくつか解説していきたいと思います。

まずは序の口で「振り逃げ」についてです。私などは草野球しかやった事がなく、振り逃げは禁止でやってたせいもあり、恥ずかしながら「振り逃げ」のルールを正確に知りませんでした。

特に空振りじゃなくても走って良い時があるなんて全く知りませんでしたよ…

スポンサーリンク


「振り逃げ」の成立条件】

let0006-012
振り逃げしていい状況とは、条件は以下の3つを満たしている時です。

  • 第3ストライクが宣告された
  • 捕手が正規捕球できていないこと
  • 2アウトの時を除いて1塁走者がいないこと

順番に説明していきます。

第3ストライクが宣告された

1つ目の条件は、第3ストライクが宣告された時です。1ストライクや2ストライクの時に走っちゃダメです。第3ストライクの時なので、振り逃げが成功しても失敗しても、記録上は打者は三振になります。

そのため、1イニングの1人目と2人目の打者が三振で、3人目の打者が降り逃げ、そして4人目の打者がまた三振すると、1イニングに4つの三振となります。実際にこういった珍記録もプロ野球ではあります。

捕手が正規捕球できていないこと

正規捕球とは、ピッチャーが投げた球をノーバウンドでキャッチャーがしっかり捕ることです。

つまり、キャッチャーが捕る前にワンバウンドしてしまったり、ノーバウンドでもキャッチャーが落球したり、パスボールしたりすると正規捕球にならないわけです。ワンバウンドの球やキャッチャーが捕れない球というのは、ボール球の時が多いため、第3ストライクが成立する時は空振りの時が多いです。

“振り逃げ”という名前からしても、空振りでなければ走っちゃダメと誤解している人も多いのではないでしょうか?でも、実は見逃し三振でもキャッチャーが球を捕れてなければ走っちゃってOKなんです!私は知りませんでした…。

もし、コーチをなさっている方がいれば、ちゃんと選手に教えてあげてくださいね!

2アウトの時を除いて1塁走者がいないこと

これも忘れてはいけないルールです。

ノーアウトもしくは1アウトの時に1塁走者がいる場合は、振り逃げは禁止です。この時はキャッチャーが球を捕れてなくても、第3ストライクが宣告された時点で、バッター直ちにアウトになります。1塁走者がいても2アウトの時ならOKです。

ノーアウトもしくは1アウトの時はダメで、2アウトの時は良い理由は、ノーアウトもしくは1アウトの時はキャッチャーが故意に落球して、振り逃げの条件を満たしてしまえば、簡単にダブルプレーを取ることができてしまうので、試合を面白くするためにノーアウトもしくは1アウトの時の振り逃げを禁止しています。

ちなみにこれも忘れやすい例外ルールですね。

2アウトの時は1塁にランナーがいても振り逃げして良いので、振り逃げの条件が成立したら、バッターはもちろんのこと、1塁のランナーも直ちに走らないといけないので、これもちゃんと教えてあげてくださいね。

baseball091
スポンサーリンク


振り逃げが成立した時にアウトにするには?

振り逃げが成立した場合に守備側が、アウトを取るには、打者にタッチするか、フォースプレーになるので、1塁に送球すればアウトになります。2アウトで1塁走者がいる場合は、振り逃げOKなので、この場合は2塁に送球してもフォースアウトを取ることができます。

つまり、もし2アウト満塁の時の振り逃げであれば、ボールを捕ったら、落ち着いて本塁を踏めばフォースアウトになります。

baseball057
以上が、振り逃げのルールになります。そんなの知ってるよーという人がほとんどかもしれませんね!

次回はインフィールドフライについて書いてみたいと思います!

野球の難しいルール
第一回:「振り逃げ」
第二回:「インフィールドフライ」
第三回:「アピールアウト」


スポンサーリンク

コメントを残す



このページの先頭へ