胃カメラの前日の食事!時間とメニューはどうすれば良い?



胃カメラの検査というのは、決して楽ではない検査です。しかも前日から絶食が必要だったりと色々と準備が必要です。

しかし、検査する病院によって、絶食を開始する時間や飲食可能なものの指定が微妙に違ったりしますよね?私の場合は喉が渇くのが辛いので、当日の朝は水分をとってはダメと言われて厳しいものがありました。

では、実際には胃カメラの前日の食事はどのようにすれば良いのでしょうか?今回は胃カメラの前日の食事のメニューや絶食開始時間の目安を実際の私の経験も踏まえてお伝えします!

スポンサーリンク


胃カメラの前日の食事は何時まで?

278808
まず、最初に気になるのが、食事は何時までなら良いのかということです。検査する病院によって制限時刻は様々です。

早速、見ていきましょう!

一般的に言われる絶飲食の時間

胃カメラ検査で病院から言われる絶飲食の内容は、一般的には次のようなものです。

【食事の制限】
  • 消化の悪い物は避ける
  • 前日の20時~21時頃までに食事を済ませる
  • 当日は検査終了まで絶食

【水分の制限】
  • 飲んで良いのは水だけ
  • 前日の24時以降は水を飲んではダメ
中には前日の18時以降は絶飲食!なんて病院もあります。食事はともかく、水分も18時までというのはやり過ぎな気がします…。脱水症状になっちゃいますよね。

逆に水分摂取には全く制限の無い病院もあります。当日も自由に飲んで良かったりする病院もあるようです。実際のところは何時までなら大丈夫なのでしょうか?

実際に胃が消化にかかる時間

実際に胃が食べ物の消化にかかる時間を見てみましょう。胃の消化時間は食材の種類によって変わります

【胃が消化にかかる時間】
  • フルーツ:1時間~2時間
  • 野菜:2時間~3時間
  • 炭水化物(ご飯、パン、麺類、芋類):2時間~3時間
  • 刺身、焼き魚、煮魚:2時間~3時間
  • 揚げ物(天ぷら、唐揚げ):4時間以上
  • 肉類(ステーキ、すき焼き、焼き肉):4時間以上
胃は「炭水化物→タンパク質→食物繊維→油」の順番で消化し辛くなっていきます。揚げ物は油がたっぷりなので、消化はとても悪いです。また、肉は脂肪分を多く含むので、やはり消化がとても悪いです。

一方でフルーツや野菜もおおむね消化が速く胃腸の負担はとても低いのですが、繊維質の多い野菜の場合は胃の中に残ってしまうことがあります。胃カメラの前日に食べる食材としては念のため食べない方が良いでしょう。

112391
以上が実際の消化時間なので、病院が指定している時間はかなり余裕を持った時間であることが分かります。病院としては検査を受ける人が何を食べたとしても確実に胃の中が綺麗に空っぽになっている時間を指定しているのです。

消化の時間には個人差はあるものの、油ものなど消化の悪い物を食べたとしても十分に余裕をもった時間として、基本的に検査の12時間前が絶食開始の目安の時間とされています。

スポンサーリンク


もし、制限時刻を超えて飲み食いしちゃったら…

とは言え、大人たる者は色々なお付き合いなどの事情で、どうしても制限時刻を超えちゃうこともあると思います。制限時刻を過ぎて、飲み食いしちゃった場合について、次のような実際の私の経験を交えてお話ししたいと思います。

  1. 制限時刻を超えて食事をしてしまった!
  2. 朝うっかりお茶を飲んじゃった!
  3. 前日が飲み会だったので、お酒を飲んでしまった!

1番と2番は実際に私がやっちゃったことです。私って胃カメラ検査をなめてますね…。でも結論から言うと全部大丈夫でした!順番にその時の状況を説明しますね!

制限時刻を超えて食事をしてしまった!

この時は次の日が人間ドッグだったので、早く帰宅して体調を整えたかったのですが、仕事が立て込んでいて帰宅が22時過ぎになってしまいました。

何も食べずに仕事していたので、どうしてもお腹が減ってしまい、何か食べたかったので、一応消化が良い炭水化物の食べ物である、うどんを食べてしまいました…。

うどんを食べた時刻は23時前後だったと思いますが、翌日無事受けることができました!

朝うっかりお茶を飲んじゃった!

私の場合、毎朝飲まなければいけないお薬があるので、何も考えずに習慣的にお茶を飲んでしまいました。喉も乾いていたので、ペットボトルのお茶をグビグビと2/3くらい飲んでしまったと思います。

さすがにまずいのではと思い、病院にそのことを正直に話しましたが、検査までにまだ充分時間があるから大丈夫とのことで、無事に受けることができました!

その時はお茶を飲んでしまったのが朝の7時過ぎで、検査したのは11時前くらいだったと思います。

前日が飲み会だったので、お酒を飲んでしまった!

これは私の女性の友人のお話です。その人は結構お酒が好きな人で、「明日は胃カメラの検査なの♪」と言いながら、その日もいつも通りに楽しそうに食べて飲んでいました。

胃カメラの前日にお酒はかなりまずいはずなのに、大丈夫なんだろうかと思いましたが、翌日、無事に検査を受けることができたそうです。

その飲み会が終わったのは22時くらいで、料理は和食で鍋物や刺身やサラダだったので、そこまで消化の悪い物ではありませんでしたが、彼女が飲んだお酒はビールと焼酎を1杯ずつと日本酒0.5合くらいだったでしょうか…。

彼女は無事に受けられましたが、決して真似しないでくださいね…。


というわけで、実際には病院の制限時刻というのは余裕の上に余裕を積んだものというのが実際のようです。だからといって絶対に大丈夫だと保証できませんので、うっかり制限時刻を過ぎて飲み食いしてしまった場合は、正直に病院に相談してくださいね!

スポンサーリンク


胃カメラの前日のおすすめの食事!

それでは、これらのことを踏まえて、胃カメラの前日におすすめの食事はどのようなメニューか見ていきましょう!

油と繊維質のものは避ける

まず、なるべく消化の悪い油ものの食事は避けましょう。そして、繊維質の物は胃液では消化できないので、胃の中に残ってしまう可能性があります。バターなどの油そのものの食材は消化に12時間かかるというデータもあります。

油ものはもちろんのこと、フルーツや野菜は体に良い食材ですが、胃カメラの前日には念のため避けましょう。

おすすめメニュー

5e4fd30a53fbd67f5afc8afa9bb42ac3_s
というわけで、翌日までに万が一でも胃の中に食べ物を残しておきたくないのであれば、次のような食事がおすすめです。

  • うどん、そば
  • ただし、天ぷらをトッピングするのはNGです!

  • 雑炊
  • 繊維質の少ない野菜を具にすると良いです。

  • パン
  • ホットドッグなど、肉が具に含まれる総菜パンはやめましょう。

  • 白身魚、赤身魚のトロ以外の部分
  • 白身魚や赤身魚でもトロ以外の部分は、脂肪分が少ないので、比較的消化が速めです。

  • 繊維質でないフルーツ
  • フルーツであっても、バナナやキウィフルーツのような繊維質の少ないフルーツは消化が速いです。


スポンサーリンク


その他の注意点

146939
最後に胃カメラの検査における食べ物以外のことに関する注意点をお伝えしておきます。

お酒

お酒は麻酔や鎮痛剤などをより効きやすくしてしまう効果があります。その結果副作用などが強く出てしまい、思わぬ事故につながりかねないので、前日のお酒はNGです!

また、お酒は胃腸の消化活動を妨げる働きもするので、食べ物が胃に残るリスクを更に上げてしまいます。

しつこいようですが、私の友人の真似はしないでくださいね…。

お薬

普段、お薬を服用している場合、検査後まで待ってから飲んでも大丈夫な薬であれば、検査後に飲む方が無難です。ですが、どうしても決まった時間に飲む必要があるお薬もあると思います。

その場合はお薬を少量の水で飲んでしまってください。ただしそれでも朝起きてすぐなど、なるべく検査までの時間を空けるようにしましょう。不安な場合は、検査を受ける病院に問い合わせて指示に従ってください。

あまり不安になり過ぎない!

不安になるなと言われても難しいと思いますが、不安になって緊張すると力が入って、内視鏡が喉を通りにくくなります。前の日の夜は胃カメラ検査のことは考えずに、何か違うことを考えてすぐに寝てしまいましょう!

検査のことは検査直前に考えれば良いくらいの気持ちでいると割と上手くいきますよ!

しかし、それでも不安な方もいらっしゃると思います。実は大変な胃カメラの検査にもコツがあります。こちらの記事に胃カメラの検査のコツを書いているので、良ければ参考にしてください!
胃カメラを飲むコツ!簡単にできる事前練習を紹介!

まとめ

106809
今回は胃カメラの前日の食事についてお伝えしました。胃カメラの検査は苦しい検査なので、無事に終わらせたいものだと思います。それなのに検査の時に胃の中に食べ物があったなんて事態は絶対に避けたいので、是非この記事を参考になさってくださいね!


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連コンテンツ


コメントを残す



このページの先頭へ