花粉症の熱の症状!休めない頑張り屋さんに贈る予防方法!



花粉症は花粉が飛んでいる季節の間はずっと症状が続くので、花粉の人にとっては本当に憂鬱ですよね?中には花粉症が重症化して、熱を出してしまう人もいるようです。

しかし、花粉症による発熱は、解熱剤を飲むよりも根本的な花粉症の対策をする方が効果的です。それはなぜなんでしょうか?

今回は花粉症の熱の症状の予防方法についてお伝えします。

スポンサーリンク


花粉症の熱の症状

051261
花粉症でが出るというのは、あまり聞かないのではないかと思います。しかし、花粉症がひどくなると発熱することは、しばしばあることです。

まずは花粉症の熱の症状について見ていきましょう!

熱が出る理由

113397
花粉症で熱が出る理由は体の免疫反応が活発になっているからです。花粉症によって免疫反応が活発になる理由は、次のような仕組みによるものです。

【花粉症で発熱する仕組み】
  1. アレルゲンである花粉が体内に入る
  2. 花粉にアレルギーを持っている人は、体が花粉を体に害のある異物と判断してしまいます。

  3. 体がアレルギー反応を起こし、免疫が活発化する
  4. 花粉を異物と判断した体は、免疫機能を使って花粉に対して攻撃を開始します。

  5. 体が免疫反応をより活発化させるため体温を上げる
  6. 免疫機能は体温が高い状況の方がより活発になるため、体は体温を上げて免疫力を向上させます。
実は花粉症で発熱するメカニズムは風邪インフルエンザなどの感染症と同じです。感染症の場合は原因となる菌が死滅すれば熱も収まりますが、花粉症の場合は原因となる花粉がシーズン中ずっと飛び回っているため厄介です。

花粉症の熱の特徴

花粉症の熱の症状の特徴は、37℃程度の微熱が長期にわたって続くということです。

花粉症で発熱しても、風邪と勘違いしてしまうことも多いのですが、風邪の場合は痰や鼻水は次第に黄色くどろっとしたものになりますが、花粉症の場合は無色で比較的サラッとしているので、それで見分けがつきます。

スポンサーリンク


花粉症の熱の対策

146939
さて、今度は花粉症の熱の症状の対策について、見ていきましょう。発熱しているからといって、解熱剤などを飲んだとしても、根本的な原因である花粉への対策ができていなければ、意味がありません。

それではどのような対策が良いのでしょうか?

発熱する前の予防策が大事

花粉症で熱が出るのは、かなり花粉症の症状が重い状態といえます。ここまで症状が悪化するとマスクをしたり、目を洗ったり、うがいをしたりしても、残念ながらすぐに効果が出にくいです。

発熱する前に花粉症の症状をコントロールできてることが重要になります。

花粉対策

それでは、花粉症の症状を抑えるための予防方法にはどのような対策があるのでしょうか?花粉症で熱が出るほど症状の重い人は、普段から花粉の少ない環境にいることがとても重要です。具体的には次の対策をすることが効果的です。

  • 部屋の掃除をこまめにする
  • 部屋の中の花粉を掃除機などで吸い取って、綺麗にします。特に寝室は念入りに花粉を吸引することをおすすめします。

  • 空気清浄機を使う
  • 空気中を飛び回る花粉を除去します。更に加湿機能の付いた空気清浄機であれば湿気を吸った花粉が下に落ちるので、なお効果的です。

  • 花粉症シーズンの前から薬を飲む
  • 花粉が飛び始めてから薬を飲んでも効果が低いので、花粉が飛散する2週間~3週間前くらいには薬を飲み始めておきましょう。

こうして見てみると花粉症の対策は、こまめに地道にやるしかないのです。熱が出てしまうほど症状が重くなる前にしっかりと対策をしたいですね!

他にも花粉症の症状を緩和するための対策について、こちらの記事に詳しくかいているので、参考にしてみてください!
花粉症の辛い症状の緩和方法!意識すべき4つのポイント!

スポンサーリンク


まとめ

b5f5a9e576552e24b2f1e4934acdb353_s
今回は花粉症の熱の症状のを抑えるための予防方法をお伝えしました。熱が出るほどの花粉症というのは、かなり重症なので、花粉対策を万全にしてくださいね!

最近は良いお薬も出ているので、花粉症の症状を少しでも楽にして、辛い時期を乗り切ってください!


スポンサーリンク


コメントを残す



このページの先頭へ