パソコンやスマホへの依存は危険!やりすぎるとなるテクノストレスとは?



パソコンやスマホは、現代人の生活にすっかり欠かせないものになりました。最近ではあまりに使い過ぎることで、逆に依存状態になることが問題になっています。

私も目が覚めるとまずスマホに手が伸びてしまいます。常に自分のそばにないと落ち着かないんですよね…。

皆さんの中にもそういう人は多いのではないでしょうか?

しかし、何事もやりすぎは危険です!パソコンやスマホもやりすぎて依存状態になると様々な問題があります。そして、それが重症化するとテクノストレスという症状が出てくることがあるのです!

テクノストレスとは、聞き慣れない言葉ですが、最近問題になってきています。心身に様々な悪影響が出るだけでなく、あまりにひどくなると健全な社会生活を送ることも難しくなってしまうのです

私たちの生活ではパソコンやスマホなどの電子機器は無くてはならない物になってきており、これを扱えなければ生活できない程になってきています。私も仕事がらパソコンに向かっていることが多いですし、この記事を書いている今もパソコンに向かっているわけです。

テクノストレスは現代人が避けては通れない病気です。

そこで、ここではパソコンやスマホに依存することの危険性や、やりすぎることでなってしまうテクノストレスについてお伝えします。

スポンサーリンク


パソコンやスマホの危険性

パソコンやスマホはとても便利な物です。

どちらもそれ自体に様々な便利機能があります。それだけでなく、通信技術の発達により、それらは全てインターネットにつながっていて、たくさんの情報を知ることができ、いつも誰かとコミュニケーションすることが可能です。

今や便利を通り越して、人間の方がパソコンやスマホに支配されつつあります。


2015年のデータでは、スマホを持っている人の1日の平均利用時間は3時間で、女子高生に限ると6.1時間にもなるそうです。

これほどまでに使っていると体にも様々な負担がかかり、ひどくなると健康に悪影響が出てきます。

その代表的な症状が次のようなものです。

  • 肩こり
  • めまい
  • 頭痛
  • 不眠
  • 不安やうつ病

パソコンやスマホは強い光を発します。また、得られる情報量も多く、脳はその情報を活発に処理するために活発に活動します。

その結果、自律神経の働きが乱れ様々な悪影響が出てくるのです。そして、それがひどくなるとテクノストレス症候群になることがあります。

次はこのテクノストレス症候群について見ていきましょう。

スポンサーリンク


テクノストレス症候群とは?

テクノストレス症候群は、パソコンが登場し始めた頃からありました。当初は一部のパソコン仕事をすることが多い人たちにしかなかったものでした。

しかし、最近のスマートフォンの普及により、多くの人がテクノストレス症候群になるようになってきたのです。

このテクノストレス症候群には大きく分けると次の2つがあります。

  • テクノ不安症
  • テクノ依存症

それぞれを順番に解説していきます!

テクノ不安症

テクノ不安症はパソコンを扱うのが苦手な人が無理をして使うことで、ストレスとなり体調を崩してしまう症状です。

例えばオフィスでは、あらゆる業務はパソコンを使うことが不可欠で、文書はワープロで、会議資料も専用のソフトを使うため、パソコンを使うことは避けられません。

そのため、パソコンを使わなければならなくなった時に不安や怖いというネガティブな感情にさいなまれてしまいます。そして、パソコンなどを避け、やがてそのストレスのためにイライラしたり、焦ったりしてしまい、体調不良や鬱状態になってしまうのです。

utsu_man
しかしながら、現代人のほとんどはパソコンやスマホを使いこなしていて、むしろ使いすぎることが問題です。

そのため今はテクノ不安症になる人はほとんどいません。

テクノ依存性

テクノ依存症はパソコンやスマホに没頭し過ぎることで起きる症状です。

主に次のような人がなりやすい傾向があります。

  • 仕事で長時間パソコンを使う人
  • 休憩なしでパソコンを使う人
  • 1日の間に長時間スマホを使う人
  • 長時間ゲームをする人

現代ではテクノ依存症になる人のほとんどは、スマートフォンのやりすぎが原因です。

スマホが無いと不安に感じたり、人付き合いを避けるようになったり、人を思いやる心も欠如していきます。

統計的に男性の方が多く、TVゲームや携帯ゲーム、SNSなどに没頭してしまうあまり、不眠症になったり、健全な人間関係を築くことや、普通に仕事をするなどの社会生活ができなくなります


このようにテクノストレスは心身の健康に影響が出るだけでなく、健全な社会生活にも支障が出てくる怖いものなのです!

では、どうすればパソコンやスマホへの依存を防ぐことができるのでしょうか?

スポンサーリンク


パソコンやスマホへの依存対策

パソコンやスマホへの依存が原因で起きるテクノストレス症候群を防ぐ方法は、テクノ不安症とテクノ依存症で分かれます。

それぞれ順番に見ていきましょう。

テクノ不安症への対処

018 パソコンで仕事をしなければいけない場合、パソコンはどうしても避けて通れません。

そこで、次の方法で焦らずゆっくり慣れていくと良いのです。

【テクノ不安症への対処】
  • プライベートでも自分の趣味のために使ってみる
  • パソコンは仕事に限らず、趣味や生活を便利にするために役立つものです。まずは自分の趣味の情報を集めるためにネットサーフィンをしてみるなどして、パソコンやスマホに慣れ親しみましょう。

  • 人間は学習して使い慣れていくようにできている
  • 人間は学習して成長するように作られています。今は使い方が分からなくても、必ず使い慣れていくので焦らずゆっくり学習していけばいいのです。あまり自分を追い込まずパソコンやスマホとゆっくり付き合いましょう。

  • 周りに理解してもらう
  • 自分だけで悩まずに、周りの人に自分はパソコンやスマホが苦手であることを告白して、理解してもらいましょう。周りの人は自分が思う以上に寛容で、逆に助けてくれるものです。

テクノ不安症になる人は年配の人が多い傾向があります。

今の若い人たちは生まれた時からパソコンやスマホが身近にある生活をしています。このような世代をデジタルネイティブなどと呼びます。デジタルネイティブは、あらゆる電子機器を何の抵抗も無く使いこなすことができます。

年配の人はデジタルネイティブと比較しないことが最も大切です。私の母は、自分の趣味のためにパソコンでネットサーフィンをしていたところ、今ではすっかり使いこなせるようになってしまいました。

このように自分の好きな事のために、何か一つだけでもできるようになると、どんどん楽しくなっていきますよ!

テクノ依存性への対処


次はテクノ依存症への対処法です。

テクノ依存症への対処には次のような方法がおすすめです。

【テクノ依存症への対処法】
  • ルールを決める
  • 一日の中で使ってもいい時間帯を決めるなど、自分に対してルールを設けます。パソコンやスマホに支配されるのではなく、自分で自分をコントロールできるようにするのです。最初は難しくても慣れるとそれほどでもなくなります・

  • パソコンやスマホを使わない日を作る
  • これも自分にルールを設ける方法ですが、使わない日を作ることで、パソコンやスマホが無くて不安に感じる禁断症状を和らげることが目的です。

  • パソコンやスマホを使う時間の代わりに人に会う
  • パソコンやスマホを使う時間の代わりに人に人に会う用事を作ります。インターネットやSNSよりも人と直接付き合うことの方が楽しくて自分の人生にとって利益になることだと、自分に理解させるのです!

  • 違う趣味を見つける
  • パソコンやスマホを使わない趣味を見つけることです。スポーツなどが良いでしょう!他にも夢中になれる趣味を見つけるのは、一番穏やかにテクノ依存症を解消することができる方法です!

  • 自分はSNSを使わない人だと宣言する
  • スマホを長時間使ってしまう大きな原因の一つは、FacebookやLINEなどのSNSです。SNSでは色んな人の情報やメッセージが大量に流れてきます。そこで、自分はSNSには反応しない人だと宣言して、周りの人にも理解してもらうのです。

実はテクノ依存症の大きな原因の一つは、スマホのゲームやSNSなどです。

私も一時期スマホのゲームにハマったり、SNSに流れてくる大量の情報に圧倒されている時期がありました。

このままではヤバいと考えた私は、スマホゲームのアプリを削除しました。その時にはキッパリと辞めて今後やり直したくてもやり直せないように、データごと綺麗さっぱり消してしまったのです。

もちろん最初はもの凄く未練があって消すのをためらいましたが、消した後はもうゲームに縛られない自分に自由を感じて、非常に清々しかったです!

SNSもみんなのメッセージに反応しようとして無理をしていました。しかし、重要な要件以外には反応しないという事を、友人たちに宣言してからはとても楽になりました。

友人たちも自分の事情を理解してくれて、特に文句も言いません。ただ”既読スルー”するのは、周りの人たちも不快に感じるかもしれませんが、ちゃんと説明してから宣言すれば、みんな理解してくれるものです。

皆さんも是非パソコンやスマホの何に自分が縛られているかを認識して、そこから自由になってくださいね!

スポンサーリンク


まとめ

皆さんの普段の生活はパソコンやスマホに依存していませんか?

私もテクノ依存性の症状があるなぁと思い、ちょっと怖くなりました。仕事中もメールが来ると気になってしょうがないですし「SNSは極力使わない宣言」した今でも、LINEは気になっていまいます。

スマホを家に忘れると不安で仕方ないですし、そんな日は待ち合わせの場所で友達に会えるかどうかも不安で一杯になります。昔はそんな物無くてもちゃんと生活できたにも関わらずです^^;

そのような人には今回紹介した次のような方法で、依存状態から抜け出してください。

【テクノ依存症への対処法】
  • ルールを決める
  • パソコンやスマホを使わない日を作る
  • パソコンやスマホを使う時間の代わりに人に会う
  • 違う趣味を見つける
  • 自分はSNSを使わない人だと宣言する

私の父などはスマホをもってますが、データ通信の契約はせず、電話機能だけで使ってますが、なんの不自由も無いそうです。(ていうかそれならガラケーでイイじゃんて思うんですが…)

今回、紹介した対処方法を参考にしてパソコンやスマホを持たない日を作ってみるのもいいのではないでしょうか?

色々と発見があるかもしれないですよ!


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連コンテンツ


コメントを残す



このページの先頭へ