花粉症の頭痛の対策!頭痛薬を飲むより根本原因の解消を!



花粉症は鼻水、鼻詰まり、目のかゆみなどの代表的な症状の他に、頭痛を引き起こすことがあります。花粉症で頭痛というのは意外な気がしますが、花粉症の症状が重くなってくると頭痛を感じる人は多いのです。

そんな花粉症の頭痛ですが、普通の頭痛のように頭痛薬を飲んでも、根本的な原因である花粉症の症状が改善していなければ、効果は一時的なものになってしまいます。

そこで、今回は花粉症の頭痛の根本的な対策をお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク


花粉症の頭痛の原因

002989
花粉症といえば鼻水、鼻詰まり、目のかゆみなどが最も多い症状ですが、なぜ花粉症で頭痛が起きるのでしょうか?実は花粉が直接頭痛を引き起こすのではなく、花粉症の様々な症状の2次的なものとして、頭痛になるのです。

花粉症が頭痛を引き起こす原因は次の二つがあります。

【花粉症の頭痛の原因】
  • 鼻の炎症
  • 酸欠状態
  • 肩こり

順番に見ていきましょう!

鼻の炎症

104692
一つ目は鼻の炎症が原因となる頭痛です。人間の頭の中には鼻から目の下にかけて、副鼻腔という空洞があります。花粉は鼻の粘膜に付着するとアレルギー性の炎症を引き起こします

そして、花粉の炎症が鼻の粘膜だけでなく、副鼻腔の中にまで広がって副鼻腔炎になると、頭痛を引き起こすのです。

副鼻腔にまで炎症が広がるのは、相当に症状が重い花粉症の時といえます。

酸欠状態

次は酸欠状態が原因となる頭痛です。花粉が鼻の粘膜に付着すると炎症を起こし鼻の粘膜が腫れることは既に説明した通りですが、その腫れによって鼻の通りが悪くなることや、鼻水などが原因で呼吸困難になり、慢性的な酸欠状態となります。

酸欠状態が続くと頭がボーっとしたり、眠気がしたりします。そして、ひどくなると頭痛を引き起こすのです。

肩こり

07bfb06d377c575bc8b12bfd77a13794_s
最後が肩こりが原因の頭痛です。花粉症の様々な症状は、時として睡眠を妨げます。熟睡できないことで体が十分に休息できないことは肩こりの原因となります。

肩こりがひどくなって、こりが首から頭にまで広がると緊張性頭痛を引き起こします。

肩こりが原因の頭痛についてはこちらの記事により詳しく書いているので、良ければご覧ください。
肩こりによる頭痛と吐き気!辛さを解消するツボ教えます!

スポンサーリンク


花粉症の頭痛への対策

では、花粉症が原因の頭痛にはどんな対策が有効なのでしょうか?とても我慢できないほどの痛みでない限りは、頭痛薬を飲むのはあまりおすすめしません。やはり、根本原因である花粉症の症状を改善することが得策です。

そこで、ここからは花粉症の頭痛を改善するための対策を見ていきましょう!

鼻に入る花粉を減らす

113401
鼻の炎症と呼吸困難を抑えるためには、アレルギー性の炎症を引き起こす原因となる鼻に入る花粉への対策が重要です。

今のところは、月並みですが、次のような対策が最も有効です。

  • マスク
  • 鼻から口までを隙間なく覆うことのできるマスクがおすすめです。

  • 鼻うがいをする
  • 鼻の粘膜を生理食塩水で洗い流して、花粉を除去します。

鼻うがいのやり方や花粉症の症状の緩和方法は、こちらの記事に詳しく書いてます!
花粉症の辛い症状の緩和方法!意識すべき4つのポイント!

睡眠の質を向上させる

086945
睡眠不足は肩こりからくる頭痛だけでなく、様々な害を体に与えるので、花粉症の症状を抑えて良い睡眠を取ることは重要です!

花粉症に悩まされずに良い睡眠を取るには家の中、特に寝室から徹底的に花粉を取り除くのが重要です。それには次の対策が有効です。

  • 服に付いた花粉を吸い取る
  • 帰宅したらすぐに服に付いた花粉を吸い取り、外からの花粉を家の中に持ち込まないようにします。

  • 帰宅したらすぐに入浴する
  • 服の花粉の次は体に付いた花粉を取り除きます。体に付いた花粉を部屋の中に撒き散らさないように、帰宅後すぐに入浴して体に付いた花粉を洗い流します。

  • 部屋の掃除
  • 普段から部屋の掃除を豆に行って、部屋の中の花粉を綺麗に取り除いておきます。

  • 空気清浄機
  • 空気清浄機で空気中の花粉も取り除きます。加湿機能が付いていると湿気を吸った花粉が下に落ちて、吸い込まずに済むので、なお良いです!


スポンサーリンク


まとめ

64c6103a1092189520590f3148659262_s
花粉症は体が過剰に免疫反応を起こしている状態なので、様々なアレルギー症状により、体は慢性的に疲れた状態にあります。そんな体の疲労は更に色々な2次的症状を引き起こします。

頭痛を引き起こすくらいになると、かなり花粉症が重い状態なので、無理せず休養を取ったり、適切に薬を飲むなどして、上手に花粉症の症状をコントロールしてくださいね!


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連コンテンツ


コメントを残す



このページの先頭へ