イースターはキリストの復活祭!意味はクリスマスより重要!



毎年、春の頃になるとイースターのイベントが日本でも行われるようになってきました。イースターは日本語では復活祭と呼ばれています。

最近はディズニーランドなどでも、春にはイースターのイベントがやっていたりと徐々にイベントも増えてきました。しかし、実際にイースターが何を意味しているのか、まだまだ日本では馴染みが薄いですよね?

私もイースターと言われても、モアイ像が建っているイースター島と何か関係があるのかと思っていました(全く関係ないですよ!)

外国の文化や習慣を抵抗なく受け入れる寛容さは、日本人の良い所ですが、私の場合はちゃんと中身を知った上で楽しむのが礼儀なんだぞ!と変にプライドがある方なので、しっかりと調べずにはいられない性格です。そこでイースターについてちゃんと調べてみました!

今回はキリスト教で最も大切な日であるキリストの復活祭、イースターの意味についてお伝えします!

スポンサーリンク


イースターは何の日?

60e1405bdac40181b0e85e22084b245a_s
イースターといっても日本人のイメージは、イースターエッグやイースターバニーが登場するキリスト教のお祭りといったくらいではないでしょうか?

私などはイースターエッグやイースターバニーのことすら知りませんでした…。
※イースターエッグやイースターバニーの詳細についてはこちらの時期をご覧ください。
イースターにうさぎはなぜ?イースターバニーの意味!
イースターエッグとは何?意味はキリスト教と関係無い!?

イースターとは前述の通り、日本語では復活祭と呼びます。文字通りイエス・キリストが復活したことをお祝いするお祭りのことです。キリストはユダヤ人達の手によって、無実の罪で十字架にかけられ処刑され、墓の中に葬られましたが、3日目に復活しました。

このキリストの復活はキリスト教の教義の根幹の部分で、全てのクリスチャンはキリストの復活に希望をおいているため、キリストの誕生をお祝いするクリスマスよりも、更に重要な意味を持つ最も大切な日なのです!

また、キリストが復活した日曜日はイースターですが、キリストが十字架にかけられた日をグッドフライデー、日本語では受難日と呼び、キリスト教を信じる欧米諸国では、祝日となっています!グッドフライデーに関してはこちらの記事に詳細を書いているので、良ければご覧ください。
グッドフライデーはキリストの受難日?イースター前の休日について!

【ちょっと余談】
キリストが復活したのが日曜日だったので、キリスト教は礼拝を日曜日に行います。元々は日曜日は休日ではなく平日だったのですが、日曜日に礼拝をするため、休日になりました。毎週、日曜日が休日なのはキリストの復活のおかげだったんです!

キリストの復活の意味

ce52ccff8a1de8b610c76ad0da624a0a_s
それでは、なぜキリストの復活がそれほどの希望なのでしょうか?実はキリスト教では全ての人間は自分の犯した罪によって、地獄に落ちる定めにあります。

しかし、イエス・キリストが全ての人間の身代わりになって、死んで地獄に行き、そして、復活してくれたことにより、地獄に行く定めだった人たちは地獄に行かずに、死んだ後にキリストと同じように復活して天国に行くことができるのです!

クリスチャンにとって、キリストが復活していなければ、今も変わらずに地獄に行く運命なので、とっても大切であり、キリストに対する感謝を表す特別な日なのです!

キリストは神の子羊

でも、なぜキリストが人間の罪の身代わりなのでしょうか?それは、キリストが罪の代償として、いけにえとなってくれたからです。よく「イエス・キリストは神の子羊」と言いますが、その昔、ユダヤ人たちは自分たちが犯した罪の代償として、自分の財産である牛や羊などの家畜をいけにえとして神様に捧げていました。

キリスト教では、イエス・キリストが、そのいけにえの代わりとなって、自らの命を捧げてくれたため、いけにえの子羊に例えて「神の子羊」と呼ぶのです。

ちなみにここまで、罪という言葉が何回か出てきましたが、キリスト教で言う罪とはこのようなことです。

【罪とは?】
人を憎むこと、私利私欲のために争うこと、怒って人を傷つけること、わがままで自己中心な態度などなど、人を愛するのとは逆の人を傷つける言動を指します。

実際にそうした行動をとることはもちろん、心の中でそういう考えを抱くことも罪とされます。キリスト教の罪の基準は、思っただけでも罪というかなり高いものです。

こんなに高い基準では、罪を犯さずに生活している人はいないわけです!だから、キリストの復活は希望なんですね~。

スポンサーリンク


イースターの日付

ここまでの説明でイースターは、日曜日ということが分かりましたが、毎年どの日曜日がイースターになるのでしょうか?

イースターは基本的に「春分の日の直後の満月の日のそのまた直後の日曜日」という定義です。しかし、キリスト教の宗派によって、使っている暦が違うため、イースターの日付も宗派によって違います。

実際の年ごとのイースターの日付は以下です。

イースターの日付

2016年~2025年
西方教会 東方教会
2016年 3月27日 5月1日
2017年 4月16日 4月16日
2018年 4月1日 4月8日
2019年 4月21日 4月28日
2020年 4月12日 4月19日
2021年 4月4日 5月2日
2022年 4月17日 4月24日
2023年 4月9日 4月16日
2024年 3月31日 5月5日
2025年 4月20日 4月20日
ちなみに西方教会と東方教会の区別は以下のようになっています。

【西方教会と東方教会とは?】
西方教会とは、ローマカトリックやプロテスタントなど西ヨーロッパを中心として、広まった宗派の総称です。

東方教会とは、中東やギリシャ、東ヨーロッパなどを中心として、広まった宗派を指します。

スポンサーリンク


まとめ

065201
日本人になじみの薄いイースター、知ってる人でも、イースターエッグやイースターバニーのことくらいかもしれませんが、キリスト教にとっては、とても大切な日です!

欧米の文化を理解するために、是非役立ててくださいね!


スポンサーリンク

コメントを残す



このページの先頭へ