肝臓の数値が高い原因!下げるには酒を断つだけではダメ!



健康診断で最も気になるデータのうちの一つは、肝臓の数値ではないでしょうか?不摂生な生活をするとすぐに数字になって表れます。

肝臓は悪くなっても中々症状が表れないない臓器なので、こういった肝臓の数値に気を配ることは大切です!

私も毎回の健康診断では忙しくて不摂生な生活をしているせいかボーダーラインを超えたり超えなかったりを繰り返していましたが、ちょっとのことを気を付けるだけで、数値が改善しました!(私もやればできる人でした!)

そんな肝臓の数値が高い原因とお酒を断つ以外に下げるために重要な方法をお伝えします!

スポンサーリンク


肝臓の数値

146939
健康診断で見る肝臓の様々な数値で最も有名なのはγGTPですね。でも、他にも色々あります。

まず、肝臓に関する様々な指標値を見てみましょう!

良く見る肝臓の指標値

健康診断の肝臓の指標値はアルファベット3文字で書かれていて、それだけではよく分からないので、一つ一つ調べてみました!

【代表的な肝臓の指標値】
  • ALT(GPT)
  • ALTは肝臓に存在する酵素です。エネルギーの代謝に使われる酵素で、肝臓がお酒や病気でダメージを受けると血液中に流れ出して、数値が上がります。ほとんどが肝臓に存在しているため、この数値が上がることは即肝臓の病気を疑います。基準値は30IU/L以下です。

  • AST(GOT)
  • ASTは肝臓以外にも存在する酵素で、ALTと同様の働きをしますが、心臓や腎臓にも存在するため、この数値だけ上昇しただけでは肝臓の病気とは限りません。基準値は30IU/L以下です。

  • γGTP
  • ご存じγGTPはアルコールを分解する酵素です。お酒をたくさん飲むとγGTPもたくさん生成されます。そして、お酒で肝臓がダメージを受けるとγGTPは血液中に流れ出すため、数値が上昇します。基準値は基準値は50IU/L以下です。

  • ALP
  • ALPは肝臓の毛細胆管膜と呼ばれる場所や胆汁に多く存在し、肝臓の病気で胆汁の流れが悪くなると血液中に流れ出します。骨の細胞の中にも存在するので、成長期の子供なども数値が高くなるので、その場合は心配ありません。基準値は100IU/L~325IU/Lです。

  • 総ビリルビン
  • ビリルビンは赤血球が分解された後に生成される物質です。分解されると最終的に胆汁の中に排出されます。やはり肝臓の病気で胆汁の流れが悪くなることで、血液中に流れ出して数値が上昇します。基準値は0.2mg/dL~1.2mg/dLです。

γGTPはお酒の飲み過ぎで肝臓を悪くしている場合に上がる数値で、それ以外の数値はお酒も含めた何らかの病気が原因で上昇します。

スポンサーリンク


肝臓の数値を下げる方法!

では、これらの肝臓の数値を下げるにはどうすれば良いのでしょうか?一言でいえば肝臓を休ませることです。具体的に見てみましょう!

何よりも酒の量を減らす

肝臓に最も負担をかけるのはやはり飲酒です。肝臓は人体の化学工場と言われるくらい様々な物質の化学反応が起きています。

その働きの一つに体にとっての毒物を無害化する働きがあります。実はお酒も体にとっては毒物なので、肝臓は一生懸命に解毒処理を行うため、かなりの負担になります

また、アルコールを分解する過程でも毒性の強い物質ができるため、それらの物質も肝臓を傷めるため、更に肝臓はダメージを受けることになります。

そのため、まずはお酒の量を控えることは基本中の基本です。

脂肪分を控える

217726
しかし、お酒だけ控えれば十分かというとそうではありません。肝臓に負担をかけるもう一つの要因はカロリーの取り過ぎ、特に脂肪分を取り過ぎることです。

肝臓の重要な働きには、食事で摂った糖分や脂肪分を燃やし易い物質に変換する働きがあります。

糖分はまだ良いのですが、脂肪分を燃やし易い物質に変換するのは、肝臓にとってはなかなかの負担です。そのため、あまりに多くの脂肪分を摂取すると、処理しきれなくなった脂肪が肝臓に溜まってしまいます。

この状態の肝臓を脂肪肝と呼びます。脂肪肝になるとあらゆる肝臓の機能が低下するため、更に脂肪肝が悪化するという悪循環を生むため、お酒と同じくらい肝臓に負担をかけるのです。

肝臓の働きを強める食事をする!

最後は肝臓の働きを強める食事をすることです。肝臓の機能を助ける食べ物の代表はしじみ(オルニチン)、ウコン(クルクミン)などです。

食事で摂るのが理想ですが、難しい場合はサプリメントもおすすめです!





ただし、こういったサプリメントに頼り過ぎるのも良くないです。あくまでも肝臓を働かせすぎないことが一番大事です!

ちなみにウコンは割高なのですが、実はターメリックでも同じような健康効果が得られる上にこっちの方が安いです。そういったことを書いている記事がありますので、良かったらご覧ください!
ウコンで二日酔い対策!実はターメリックの方が良い理由!

スポンサーリンク


まとめ

106808
今回は肝臓の数値について見てきました。実は私の場合はお酒よりも食べ過ぎが原因で肝臓の数値が悪化していました。手術で入院していたのですが、退院後に一気に体重が増加したら、肝臓の数値も急に悪化したのです(>_<)

カロリーの取り過ぎも肝臓に負担をかけるということに注意して、肝臓にやさしい生活をしてくださいね!


スポンサーリンク


コメントを残す



このページの先頭へ