祝日と祭日の違い!現在は祭日は無いって知ってましたか?



日本は先進国の中でも国民の祝日が最も多い国です。自分からは有給休暇をなかなか取りたがらない日本人社会ならではだと思います。

ところで、この国民の祝日ですが私たちは祝日と呼ぶ時もあれば祭日と呼ぶ時もあります。私の場合は深く考えずにどちらの呼び名も使ってしまいますが、どちらかというと祭日と呼んじゃう時の方が多いです。

で、ちょっと気になったので、祝日祭日の違いを調べてみたところ、実は明確な違いがあったのです!

というわけで、祝日と祭日の違いについて、みなさんにも共有したいと思います!

スポンサーリンク


祝日と祭日

092209
祝日は文字通り、お祝いをする日、祭日は祭りをする日です。それを踏まえると二つの差を理解することができます。

祝日とは?

祝日とはお祝いをする日です。例えば元日であれば一年の最初をお祝いするという意味があります。そして、敬老の日であれば、長年社会に貢献してきた老人たちに感謝し、長寿をお祝いするという意味があります。

国民の祝日には全て祝日法によって意義が存在していて、お祝いや感謝、記念の意味が込められているのです!

祭日とは?

それでは祭日のお祭りをする日とはどういう日のことでしょうか?

祭日とは神道の祭祀や皇室や宮中の祭祀が行われる日の事です。戦前は天皇陛下は現人神とされていたため、皇室も神道と密接な関わりがあったわけです。つまり、祭日とは神道と密接に関係した日なのです。

スポンサーリンク


現在は全て祝日

それでは、現在の国民の祝日のうち、祝日と祭日は何日ずつあるのでしょうか?実は現在は祭日は、なんとゼロなのです!

実は戦前は様々な祭日もお休みの日になっていたのですが、戦後の昭和23年に神道や皇室との関連性の強い祭日は、新憲法の精神に合わないとして、GHQの強い意向により廃止になりました。

ただし、実は元々祭日だった日が、意義を変えて新しく祝日に生まれ変わった日が多数存在します。

例えば建国記念の日(紀元節)、春分の日(皇霊祭)、秋分の日(秋季皇霊祭)、勤労感謝の日(新嘗祭)など他にもいくつか元々は祭日だった日があります。そのため、祭日は今はもう無いとも言い切れないのです。

というわけで、現在の祝日の一覧と昔の祭日との表を書いておきますね。

【現在の祝日の一覧表】
祝日名 日付 祝日の意義 元の祭日
元日 1月1日 年のはじめを祝う
成人の日 1月の第2月曜日 おとなになったことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝いはげます
建国記念の日 2月11日 建国をしのび、国を愛する心を養う 紀元節祭
春分の日 3月19日~3月22日のどれか 自然をたたえ、生物をいつくしむ 春季皇霊祭
昭和の日 4月29日 激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす
憲法記念日 5月3日 日本国憲法の施行を記念し、国の成長を期する
みどりの日 5月4日 自然に親しむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ
こどもの日 5月5日 こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する
海の日 7月の第3月曜日 の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う
山の日 8月11日 山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する
敬老の日 9月の第3月曜日 多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う
秋分の日 9月22日~9月24日のどれか 祖先を敬い、なくなった人々をしのぶ 秋季皇霊祭
体育の日 10月の第2月曜日 スポーツにしたしみ、健康な心身をつちかう
文化の日 11月3日 自由と平和を愛し、文化をすすめる
勤労感謝の日 11月23日 勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう 新嘗祭
天皇誕生日 12月23日 天皇の誕生日を祝う
振替休日 祝日が日曜日と重なった場合のその後の最初の平日
国民の休日 2つの祝日に挟まれた平日

こちらの記事に詳しく書きましたが、実際に国民の休日になる可能性があるのは、敬老の日と秋分の日に挟まれる日だけです。
シルバーウィークは2015年の次はカレンダーの遥か先!

スポンサーリンク


まとめ

Print
祝日と祭日が違うもので、更に現在は祭日はゼロだったというのは私も知りませんでした!

実は昔から春分の日や秋分の日は、昼と夜の時間が一緒というだけで何で休みの日なのか不思議でしたが、元々は祭日だったために祝日に変わる形で残ったわけです。普段は祝日になれば、ただ休むだけという私ですが、こうして国民の祝日のそれぞれの意味や由来を見てみると、色んな歴史が分かって新鮮です。

今回は祝日と祭日の違いを見てみましたが、祝日でも祭日でも皆さんのお休みの日が有意義で、豊かな時間になるように願ってます!


スポンサーリンク


コメントを残す



このページの先頭へ