有楽町線の延伸計画を知ってますか?新駅はどこに?



先日、有楽町線で豊洲駅に行ってみると、登りと下りのホームの間の間隔があり、そこに線路が無いにも関わらず、ホームドアが設置されていました。どうやら新しい路線ができるようです。東京オリンピックも決まって、湾岸地域はこれからますます発展する中で、特に豊洲は有楽町線やゆりかもめに加えて、新路線ができると、ターミナル化して更に便利になるでしょう。昔は倉庫や造船所だけのうらぶれた感じの街だったのに、この発展ぶりは驚きです。

そんな有楽町線の新路線のことを調べてみました!

スポンサーリンク


有楽町線延伸の全体像

p9208514-500x375
有楽町線延伸の計画の全体像はどんなものでしょうか?

計画の概要

現在、開発が決まっているのは、豊洲から亀有にかけての区間です。実に40年前から計画されていたらしく、長い間待ち望まれていたようです。その中でも豊洲から住吉にかけての区間は、2015年度に着工して、2025年度完成を目指しています。

ただし、東京オリンピック開催が決まり、計画の前倒しの可能性があり、2020年の完成を目指す案も出てきています。完成から30年後を目処に黒字化を目指す計画です。黒字化まで、先は長いですね~。

やっぱり最初は運賃も70円ほど上乗せになるようです…。70円は高いですね(ー ー;)

そして、亀有から先の区間は、まだ検討中で、埼玉県や千葉県の自治体が誘致活動をしている最中ですが、現段階では千葉県野田市にある野田市駅までの区間が有力です。各自治体の誘致活動は活発になっていて、最終的にはつくば市まで行く可能性もあるらしいのですが、まだまだ具体的にはなってないようです。

区間

現在決まっている区間は、以下です。

不動産価格への影響もあるので、新駅がどこにできるかが重要ですね!

豊洲-(新駅)-東陽町-(新駅)-住吉=押上-四つ木-亀有-八潮-(新駅×7)-野田市
(“=”は既設区間)

スポンサーリンク


新駅はどこにできる?

d7ec01f55ba8fdfa80d4c0c570c62a9e_s ここからは新駅のできそうな場所を大胆に予想していきます!

新駅

さて、新駅がどこにできるかが注目ですが、豊洲から住吉の間は、有力な場所がほぼ決まっているようです。

豊洲・東陽町の間の新駅
豊洲と東陽町の間の新駅は、誘致活動を積極的に行っている枝川にできるのが、有力です。個人的には、少し脇にズラして潮見にすれば、JR京葉線の潮見駅と乗り換えられて便利だと思うんですがね~。

新駅の場所を推測してみました。小学校など付近に江東区の土地があるので、推測でこの場所にピンを立てましたが、確定の場所ではないので、ご注意ください!


東陽町・住吉の間の新駅
そして、東陽町と住吉の間の新駅は、ちょうど真ん中の千石と千田の境辺りが有力です。でも、すぐ西を大江戸線が通ってるので、個人的にはもう少し東を通ってくれると便利だと思うんですがね~って、文句ばかりですね…(^_^;)

こっちも新駅の場所を推測してみました。こちらも小学校など付近に江東区の土地があるので、推測でこの場所にピンを立てましたが、確定の場所ではないので、ご注意ください!


八潮から先の新駅
八潮から先の新駅はまだ具体的ではないようですが、また情報は更新していきます!

亀有から先はまだまだこれから決まっていくようなので、先は長いですが、今まで東京の東側は南北に縦断する路線が少なかったので、とても助かりますね!

スポンサーリンク


まとめ

江東区や墨田区は縦に走る電車が少ないことから、昔から交通の便が悪かったですが、この線ができるとかなり便利になりますね!

東京は世界でも、有数の公共交通機関が発達した都市です。これからも楽しみですね!


スポンサーリンク


One Response to “有楽町線の延伸計画を知ってますか?新駅はどこに?”

コメントを残す



このページの先頭へ