塩分を排出して血圧を下げる!即効性のある食べ物を特集!



大人になってから、しばしば思うのですが、自分の食に対する嗜好というかクセというのは、両親に似てしまっているんだなぁと感じます。自分で料理する時も無意識のうちにおふくろの味と同じように作ってしまいます。

おふくろの味のような母親の影響なら問題ないのですが、問題ありなのが、私の父の影響です…。父はラーメンのスープを飲み干したり、干物に醤油をかけたりととにかく塩分大好きな人でした。何にでもドバドバと醤油をかけて食べる父親のクセは私も受け継いでしまっているようで、私も醤油大好きで、一味足りないなと感じたら、それが和食以外の料理でも醤油をかけてしまいます。

こんな私ほどでなくて、醤油大好き、塩味が足りないと物足りなく感じるという方も多いと思いますが、そうなると気になるのが高血圧ですよね?

高血圧は様々な生活習慣病の原因になりますが、それだけでは特に自覚症状などは無いので、静かな殺し屋と呼ばれています。

今回はそんな怖い高血圧にならないために、高血圧の大きな原因となる塩分を体外に排出して血圧を下げるのに即効性のある食べ物をご紹介します!

スポンサーリンク


塩分と血圧の関係

124781
血圧を下げるためには塩分を控えると良いと言いますが、そもそもなぜ塩分を控えると血圧が下がるのかよく分からないという方もいらっしゃると思います。まずはその理由から見ていきましょう!

塩分を取り過ぎで血圧が上がる理由

塩分を取り過ぎると血圧が上がる理由は、ずばり浸透圧にあります。化学の授業で習った方もいるかもしれませんが、簡単に説明します。

水槽に水を入れてその真ん中に水の分子だけ通過することができる敷居を入れておきます。そして、片方に塩を適当な量だけ入れます。その後しばらく時間が経つと、真ん中の敷居を水が通過して、塩を入れた方の水位の方が、塩を入れていない方の水位より上がってしまいます。液体には塩分などの濃度を一定に保とうとする力が働いているため、濃さを同じにしようとして、薄い方から濃い方に水が移動するのです。この濃度を一定に保つために水が移動する力を浸透圧といいます。

同じようなことは人間の体の中でも起きています。塩分をたくさん取ってしまうと、血液中の塩分濃度が上がってしまいます。そうなると体の細胞の中と血液中の塩分濃度を同じにしようとして、細胞の中から水分が血液中に出て行ってしまいます。そうなると細胞は正常な働きができなくなってしまうため、細胞から水分が出てくる前に血液の塩分濃度を薄めようとします。つまり喉の渇きを感じさせて、水やお茶を飲んで水分を補給して、血液を薄めることで、細胞から水分が出ないようにします。

よくラーメンやうどん、そばのつゆまで飲み干してしまった後に、なぜか喉が渇かないでしょうか?たくさん水分を取っているはずなのに、不思議ですよね?それはこの浸透圧が理由なのです。

しかし、この状態は体全体は水ぶくれの状態なので、体内を巡っている液体の量は多い状態です。体内の液体が多いと体の中はパンパンなので、血圧は上がり、体もむくんだ状態になります

血圧を下げるには?

それでは、塩分取り過ぎによる、高血圧を改善するにはどうすれば良いのでしょうか?

一番良いのは食塩摂取量を少なくする、つまり塩っぱい食べ物を控えるということです。でも、難しいですよね…?そんな、結論で終わってしまっては、こんな記事を書いてる意味がありません!それに、私自身が醤油大好きで、醤油の無い人生なんて考えられません!

それではどうすれば良いのでしょうか?その方法をご紹介します!

塩分を排出させる働きがある塩分

塩分の取り過ぎが血圧を上昇させるわけですが、塩分と言っても食塩のナトリウム以外にもマグネシウム、亜鉛などのミネラルも塩分です。血液を濃くさせる塩分であれば、みんな血圧を上昇させてしまいます。しかし、一つだけ血圧を下げる効果のある塩分があります。それがカリウムです。

カリウムは主に細胞内に水分を保つ働きがあり、血液中に水分が出ていってしまうことを防ぎます。そして、カリウムが血液中に取り込まれると、代わりにナトリウムを追い出して体外に排出させる働きがあるのです!そのため、カリウムは塩分でありながら、血圧を下げるのに即効性があるのです。

スポンサーリンク


カリウムを多く含む食べ物

efcbd57d4b0fd0406e6a24eb4212ebb1_s
というわけで、ここからはカリウムを多く含む食品をご紹介します。

【食品100gあたりのカリウム量】
食品名 カリウム量(mg) 備考
パセリ 1,000 野菜全般が高カリウム食品
切り干し大根 3200 乾燥状態
干しブドウ 740
昆布 5300 乾燥状態
アボカド 720
ピスタチオ 970 豆類は全体的に多い、無塩の物を食べると良い
椎茸 2100 乾燥状態
バナナ 360 果物全般が高カリウム食品
納豆 660
山芋 590

色々ありますが、やはり野菜全般がカリウムの含有量は優秀です!漬物などで食べてしまうと無意味なので、塩分控えめのドレッシングで生で食べるなど工夫して食べると良いと思います。また、果物も全般的に高カリウム食品です。食後に食べると血圧を下げる効果が期待できます!

スポンサーリンク


まとめ

146939
今回は塩分を体外に排出するのに即効性のあるカリウムを多く含む食べ物を紹介しました!

日本人の成人が一日に摂取する塩分の目標値は6g以下ですが、現状の摂取量の平均値は10gを超えています。塩分控えめな食事をすることが一番良いのは分かるのですが、無理して我慢するのは長続きしないので、塩分を排出する効果のある高カリウムな食品を食べて、無理なく健康的な生活を送っていきましょう!

ただ、私の場合は、何にでも醤油をかけるクセは直したいと思います…。


スポンサーリンク


コメントを残す



このページの先頭へ