低GI食品一覧!仕事中に食べると良いお菓子やおやつは?



私は仕事中にはお煎餅や柿の種を食べるのが好きなのですが、間食というのは体に良くないので、我慢しようとしているのですが、ついつい手が出てしまうのです。この誘惑に打ち勝つ方法は無いものかと調べていると意外なことが分かりました。

仕事中のおやつは我慢する必要はなく、食べて良い物を選べば良いのです!

そういうわけで、今回は仕事中に食べると良い、低GI値のお菓子やおやつをご紹介します!

スポンサーリンク


仕事中に低GI値な食品が良い理由

118165
仕事中にはGI値が低いお菓子を、おやつとして食べた方が良い理由は何でしょうか?まずその理由から見ていきましょう!

集中力継続のため

仕事の能率を上げるためには集中力が大切ですよね?生産性を上げるためには、頭が冴えてる必要があるので、ある程度の血糖値が保たれていないと脳の働きが鈍くなり、集中力が続かなくなってしまいます。しかし、仕事中にGI値の高い食べ物を食べてしまうと、血糖値が一気に上昇してしまい、それに伴いインスリンというホルモンが分泌されます。

インスリンには血液中の糖分を脂肪に変えて、細胞に取り込む作用がある他に、体を休息モードに変える働きもあります。つまり眠くなってしまうということです。お昼ご飯の後にとても眠くなるのはインスリンが大量に分泌されてしまっているからです。食後は消化と吸収に体のエネルギーを集中させる必要があるため、インスリンには眠気をもたらす働きがあるのです。

また、インスリンが分泌されると今度は急激に血糖値が低くなってしまい、逆に低血糖になって集中力が低下してしまうこともあります。

このように高GI値の食品は血糖値の乱高下をもたらしやすいので、集中力持続のためにはあまり適さないのです。

体脂肪増加防止のため

既にお伝えした通り、GI値が高い食品は血糖値が急上昇してしまうため、インスリンによって余分な血糖は体脂肪に変わってしまいます

体を動かすお仕事の場合はまだ良いのですが、デスクワークのような消費エネルギーの低いお仕事の場合は、高GI値のおやつを食べるとすぐに余分な贅肉となってしまいます

でも、ストレスがある時ほど甘い物が食べちゃいたくなるんですよね~(>_<)

スポンサーリンク


低GIなおやつ

3861664793afe4d3b1bcdb86284b92df_s
というわけで、お仕事中に最適な低GI値なおやつをご紹介します。ここでは目安としてGI値が60以下のおやつを紹介していきます!

おやつのGI値一覧

GI値の低いおやつの一覧表です。GI値だけでなく、カロリーも記載します。GI値が低いからと言って高カロリーなおやつをたくさん食べてしまえば、いくらゆっくり血糖値が上昇すると言っても最終的には高血糖になってしまいますので、ちゃんとカロリーにも注意して食べる物を選んでくださいね!

【おやつのGI値と100gあたりのカロリー】
食品名 GI値 カロリー
ナッツ類 18(クルミ)~34(カシューナッツ) 562Kcal(ピーナッツ)~720Kcal(マカダミアナッツ)
フルーツ 29(イチゴ)~55(バナナ) 34Kcal(イチゴ)~86Kcal(マンゴー)
ビターチョコレート 22 576Kcal(カカオ86%)~603Kcal(カカオ95%)
ヨーグルト 25(プレーンヨーグルト) 62Kcal
チーズ 31 320Kcal
ゼリー 46 45Kcal
プリン 52 126Kcal

こうして表にしてみると、GI値の低いおやつは色々ありますね!GI値が低くてもカロリーは低いものから高いものまで様々で、どれが良いのか分からないですね。

しかし、ズバリ一番おススメなおやつはナッツ類です。まず、甘い食べ物は後を引いてしまい、どうしても多量に食べてしまい易いです。チョコレートなどはわずかですが、常習性もあるので、クセになってついつい食べ過ぎてしまいがちです。そうなると一番良いのは、プレーンヨーグルトになるのですが、糖分ゼロの酸っぱいヨーグルトというのは中々食べづらいものです。ナッツ類は高カロリーですが、後を引くような食べ物ではないですし、一度に食べる量も少なくて済むので、結果的にそんなに高カロリーにはならないのです!

スポンサーリンク


まとめ

131768
今回はお仕事中に食べるのに適した低GI値なおやつをご紹介しました。仕事中に小腹が空いてしまうとなかなか集中するのも難しいので、賢くお腹を満たして、なおかつ健康的なおやつを食べて仕事と体形を両立させていきたいですね!

ちょっとの知識があれば、食欲を我慢する苦しさも減らすことができるので、是非参考にしてみてくださいね!


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連コンテンツ


コメントを残す



このページの先頭へ