季節の変わり目の体調不良!女性が悩む症状と対策を解説!



「季節の変わり目なので、体調には気を付けてくださいね!」といった時候の挨拶をよく聞きます。私は季節の変わり目に体調を崩すことは無いので、そう言われてもあまりピンときませんでした。

しかし、最近、友達が少し元気が無かったので、理由を聞いてみたところ、季節の変わり目はいつも軽い鬱みたいになってしまうから、そういう時はいつもあまり仕事はせずに休むようにしていると言ってました。

更には妻も季節の変わり目には、肌荒れや頭痛などの体調不良になると聞きました。一緒に住んでいるのに、今まで全然気にしてませんでした。そこで、ちょっとでも友人や妻の助けになればと思い、色々と季節の変わり目の体調不良について調べてみました。

今回は季節の変わり目に女性が悩む体調不良の症状と対策についてお伝えします!

スポンサーリンク


季節の変わり目の体調変化とは?

季節の変わり目の体調不良と言っても様々な物があります。調べてみると意外に馬鹿にできない症状であることが分かりました。

まずは季節の変わり目の体調不良について見てみましょう。

代表的な症状

季節の変わり目に起きやすい体調不良には次のようなものがあります。

【季節の変わり目に起きやすい体調不良】
  • 頭痛・めまい・耳鳴り
  • これらの体調不良は、自律神経の働きが乱れていることが原因で起きます。季節の変わり目の環境の変化で、体が上手にリラックスできなくなり、緊張状態が慢性的になるとこれらの症状が出てくるのです。

  • 肌荒れ
  • 皮脂や汗の分泌も自律神経の働きによるものです。自律神経の働きが乱れると皮脂や汗の分泌量も乱れるので、お肌の調子も悪くなってしまいます。

  • 睡眠時間の変化
  • 気温の変化や日照時間の変化は、睡眠時間や睡眠の質に影響を与えます。睡眠時間が短くても長すぎても、体調には様々な悪影響をもたらします。
これらの症状は体が季節の変化に適応できていないことで、起きるものです。実はこれらの症状は全て一時的な自律神経失調症によるものです。

172917

季節の変わり目に自律神経失調症になる理由

季節の変わり目に自律神経失調症になる理由は色々あります。それについて見てみましょう!

【自律神経失調症になる要因】
  • 気温の変化
  • 気温の変化は自律神経の働きに影響を与えるので、様々な体調の変化をもたらす原因になります。また、特に寒くなる場合は体の免疫力が下がるので、風邪を引くリスクが上がります。

  • 日照時間の変化
  • 日照時間が変化することで、睡眠時間や睡眠の質に影響を与えます。また、日照時間の変化は自律神経の働きにも影響を与え、体調だけでなくメンタルにも影響を与えます

  • 生活環境の変化
  • 季節の変わり目は同時に生活環境の変化があることが多いです。冬から春なら入学卒業や就職秋から冬なら年末年始やクリスマスなどです。これらの生活環境の変化はメンタルに大きな影響を与えます。メンタルは自律神経の働きに影響を与えるため、環境の変化に適応できない間は自律神経に悪影響があります。

女性の場合は、月の間にホルモンバランスが、変わっていきます。そのため、これらの季節の変化による影響を受けやすく、自律神経失調症になるリスクが高いのです。

166122
また、季節の変わり目には気温の急激な変化があります。それらが自律神経の働きに影響するのは分かりますが、日照時間などがメンタルに影響を与えることは、知らない人も多いのではないでしょうか?

実は日照時間とメンタルには密接な関係があります。

日照時間とメンタルの関係

季節の変わり目はメンタルにも影響があることは、既にお伝えしましたが、この季節の変わり目のメンタルの変化のことを季節性感情障害といいます。

主な原因は日照時間の変化と言われています。人間は日光を浴びるとセロトニンという人を活動的にさせる脳内ホルモンが分泌されます。日照時間が短くなるとセロトニンの分泌量が減り、朝起きるのが辛くなり寝過ぎてしまいます。そのため、憂鬱な気分になってしましまいます

また、日照時間が長くなるとセロトニンが早くに分泌されて、今度は睡眠不足になります。睡眠不足は脳の働きを悪くするので、結果的に全体のセロトニンの分泌量が減ってしまうので、やはり憂鬱な気分になってしまうのです。


さて、ここまでは決して侮れない季節の変わり目の自律神経失調症の症状について見てきました。今度はそんな季節の変わり目を、どのようにして乗り切っていくかについて見てきましょう。

スポンサーリンク


季節の変わり目の対策

自律神経失調症には様々な原因がありますが、季節の変わり目に起こるものであれば、生活習慣に気を付けるだけでも十分に効果があります。

気を付けるべき主なポイントは次の3つです。

  • 規則正しい生活を送る!
  • 意識して休養を取る
  • 良い睡眠を取る

このように季節の変わり目の体調不良への対策は、どれも特別なことではないことが分かりますね。

最も大切なポイントは季節の変わり目にはリスクがあるということをしっかり認識して、いつもより念入りに対策することです。順番に解説していきます!

規則正しい生活を送る!

季節の変わり目じゃなくても、健康的な生活を送るために大切なポイントです。決まった時間に寝る・起きる・食事することを心がけましょう。

そのためには、次のポイントで一日の大まかなスケジュールを決めてしまうと良いです!

  • 寝る時間
  • 起きる時間
  • 食事する時間
  • 出かける時間

規則正しい生活は自律神経の働きを整えることができます。最初は意識してスケジュールを立てて習慣になるようにしてしまいましょう!

意識して休養を取る

これも季節の変わり目とは関係無くメンタルヘルスのために重要なことですが、気温や生活環境の変化など様々なストレスをしっかりと解消することが必要です。

仕事が忙しいからお休みが取れないという人も多いと思います。休養のために予定も無いのに、お休みを取る習慣のない人は、最初は大変ですが、計画的に何日か前から予定を組んで休むようにしましょう。

私の場合は体調管理用のお休みを取るためのカレンダーを作っていて、1ヶ月くらい前にお休みを取るようにしています。直前にお休みを取るのは、同僚にも迷惑なので、難しいですが、こうしておけばズルズルと休みなしで働き続ける事もないのでおすすめですよ!

大切なのは季節の変わり目はストレスがいつもより多いことを自覚して、意識して休養を取ることです。

良い睡眠を取る

気温や日照時間の変化など、睡眠が乱れやすい要素が、たくさん揃っているのが季節の変わり目です。

特に夏から秋など涼しくなっていく時期は風邪などを引かないように体にかける布団は最適なものを選びましょう。良い睡眠は心身の健康のために重要です!

私と妻の場合は、2人とも以前は朝起きた時に肩こりがひどかったです。原因は枕にあるのではないかと考え、オーダーメイドの枕を作ってくれるお店に行って、1万数千円の枕を買いました。高いかなと思いましたが、人生の1/3近くは眠っているので、しっかり投資して良い睡眠を取ろうと決心してその枕を買いました。

おかげで私たちの肩こりはとても良くなりましたが、そこまで投資するのはちょっと…という方も多いと思います。そこで、良い枕の選び方を紹介しておきます。

【良い枕の選び方】
  • 高さ
  • 最適な枕の高さは、人によって違います。理想の高さは枕に頭をのせた時に、立っている時と同じ姿勢になることです。アゴが上がってしまうのは、首の筋肉に負担がかかり肩こりの原因になります。

  • 大きさ
  • 寝返りしても、首が落ちない大きさが基本です。横幅60cm、縦40cm以上が理想です。

  • 素材
  • 素材には特に制限がありません。自分が一番好む素材を選べばOKです。夏場は通気性が良く、冬場は保温性が良いなど季節によって変えても良いでしょう!

ちなみに、寝る時に枕に頭だけをのせて寝るのは首に負担がかかるので、良くありません。しっかりと首ものせて、枕に肩が触れるまで深く首をのせてください。そして、首と枕に隙間が出ないようにしてください。

スポンサーリンク


まとめ

133366
今回は季節の変わり目の体調不良の症状と対策についてお伝えしました。一言で言うと、季節の変わり目に対応するにはマイペースな生活をすることが大切です。

現代社会は忙しく、会社勤めをしていれば自分勝手は許されないですし、なかなかマイペースに生きることも難しいですね。意識して自分のペースを保つことは、忙しい日本に生活する私たちにとって、とても大切な生きていくためのスキルです。

大切なのは、季節の変わり目には自律神経の働きが乱れやすいことを意識して、規則正しい生活、休養を取る、良い睡眠を実践することです。

私も妻の体調の傾向を理解して、規則正しい生活を送れるように助けようと思います。そのためにはまず一緒に住んでる私が規則正しい生活をすることから始めたいと思います!


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連コンテンツ


コメントを残す



このページの先頭へ