コーヒーの健康効果!あなたの飲み方は間違ってるかも!



コーヒーを日常的に飲むという人も多いと思います。しかし、コーヒーの飲み過ぎは身体に良くないというイメージもあります。カフェインの取り過ぎは良くないというイメージもあります。

私もなんとなく体に害ばかりで健康に悪い飲み物なのかなと思い、普段はコーヒーよりもお茶を飲むことの方が多いです。しかし、実はコーヒーは正しい知識を身に付けて飲めばとても体に良い飲み物なんです!

そこで、今回はコーヒーの健康効果についてお伝えします!

スポンサーリンク


コーヒーの健康効果

なぜか飲み過ぎは身体に良くないというイメージのあるコーヒーですが、実は様々な健康効果があります。代表的な健康効果には次のようなものがあります。

  • ダイエット効果
  • 動脈硬化予防
  • 肝機能の向上
  • 精神安定効果
  • 二日酔いの解消
  • コレステロール値の改善

順番に見ていきましょう!

ダイエット効果

まず、最近一番有名なのが、コーヒーのダイエット効果です。コーヒーのダイエット効果はクロロゲン酸という物質のおかげです。

人間は体を動かす際にエネルギーを燃焼させる必要があります。そのエネルギーの燃焼を司るのが、細胞の中にあるミトコンドリアです。ミトコンドリアは脂肪を取り込んで燃焼させエネルギーに変える働きがありますが、クロロゲン酸はミトコンドリアが脂肪を取り込む作用を増進させる働きがあるため、よりたくさんの脂肪を燃焼させる効果があるのです!

クロロゲン酸の効果をよりアップさせるには、やはり運動をすることです。コーヒーを飲んだ後に運動をすることで、大量の脂肪を燃焼させることができるため、より効果が上がります!

また、コーヒーに含まれるカフェインは、食欲を減らす働きがあるので、食べ過ぎを防ぐことができます。

動脈硬化予防

コーヒーに含まれるクロロゲン酸を始めとするポリフェノールは、悪玉コレステロールを抑える効果があります。また、ポリフェノールには強い抗酸化作用があります。

活性酸素は悪玉コレステロールと結びつくと血管の壁に付着して、動脈硬化を引き起こします。しかし、ポリフェノールが活性酸素を除去することで、動脈硬化を防ぐことができます。

動脈硬化を起こす悪玉コレステロールと活性酸素を両方とも除去する効果がコーヒーにはあるのです。

肝機能の向上

106808
コーヒーには肝臓の機能を向上させる効果があります。肝臓に溜まった脂肪の代謝をアップして、脂肪肝を防ぐのです!

肝機能が向上すると、体力が増して疲れにくい体になるので、慢性疲労に悩んでいる人にもおすすめです。

精神安定効果

088078
コーヒーの香りにはリラックスや集中力を上げる効果があります。コーヒーに香りを嗅ぐとホッとすることはないでしょうか?カフェでゆっくりと読書をしながら時間を過ごしたり、勉強や仕事を長時間してしまったりするのは、コーヒーの効果のおかげなのです。

二日酔いの解消

コーヒーに含まれるカフェインには二日酔いを解消する効果があります。アルコールは分解される過程でアセトアルデヒドという有毒な物質になります。このアセトアルデヒドは血管を拡張させ、拡張した血管の付近で炎症を起こし、それが原因で頭痛になってしまいます。しかし。カフェインには血管を縮小させる効果があるため、頭痛を軽減して、スッキリさせる効果があります。

また、既に説明した通り、コーヒーには肝機能を向上させる効果があるため、アルコールの分解速度を速め、二日酔いの解消を早める効果もあります!

コレステロール値の改善

コーヒーにはコレステロール値を改善する効果があります。コーヒーには悪玉コレステロールを抑える働きがありますが、クロロゲン酸の脂肪燃焼効果により、脂肪分の燃焼を助ける効果があるため、全体のコレステロール値を改善させる効果があるのです。

スポンサーリンク


コーヒーのカロリー

65f4ad90783cecc18a9949f6f534a2e3_s
さて、これまでコーヒーの健康効果を見てきましたが、コーヒーは通常砂糖やミルクを入れて飲むことが多い飲み物です。そうなると気になるのがカロリーですね!

そこで、次はコーヒーのカロリーについて見ていきましょう!

コーヒーとコーヒー飲料のカロリー

コーヒーは様々な飲み方があります。カロリーはその飲み方によって千差万別なので、それぞれの飲み方でどれだけカロリーが変わるか見てみましょう!

また、カフェラテやカプチーノは温めたミルクを使いますが、蒸気で温めただけのミルク(スチームドミルク)と泡立ててフワフワにしたミルク(フォームドミルク)の2種類を使い分けるので、それぞれの場合でもカロリーが変わること知っておくと良いですよ!

【コーヒーの飲み方別カロリー(ホットの状態の240mlあたり)】
ドリップコーヒー:10Kcal
アメリカンコーヒー:5Kcal
エスプレッソ:5Kcal
カフェラテ:148Kcal
カフェラテ(無脂肪乳):84Kcal
ソイラテ※:143Kcal
カプチーノ:76Kcal
カプチーノ(無脂肪乳):44Kcal
カフェモカ:236Kcal
カフェモカ(無脂肪乳):185Kcal
キャラメルマキアート:143Kcal
キャラメルマキアート(無脂肪乳):98Kcal
※カフェラテをミルクの代わりに豆乳で作ったもの

砂糖もミルクも入れない、ドリップコーヒーやアメリカンコーヒー、エスプレッソなどブラックコーヒーはカロリーゼロと思いがちですが、実はわずかですがカロリーがあります。これはコーヒー豆に含まれる脂肪分のせいです。カロリーがあるといってもほとんど気にしなくていい程度ですね。

一方でミルクを入れる飲み方では、かなりのカロリーが高くなりますね。無脂肪乳にしてもそれなりのカロリーです。牛乳は子牛が元気に育つために必要な栄養が凝縮されているため、カロリーが高いのは当然ですよね(^_^;)ダイエット効果を狙っている場合はミルクを入れるのは難しいですね…。

ちなみにこの数字は全て砂糖なしの時の数字なので、砂糖やはちみつ、ガムシロップなどを足すともっと増えるのでご注意くださいね!

シアトル系カフェ各店の分量

各コーヒー飲料の240mlあたりのカロリーをお伝えしましたが、実際にはお店やサイズによって量も違うので、参考までに代表的なシアトル系カフェの各サイズの量をお伝えしておきます。

【スターバックス】
ショート:240ml
トール:350ml
グランデ:470ml
ベンティ:590ml

【タリーズ】
ショート:240ml
トール:350ml
グランデ:470ml
エノルメ:590ml

【エクセルシオール】
S:220ml
M:285ml
L:380ml

スポンサーリンク


コーヒーを飲み過ぎることの害

コーヒーには様々な健康効果があることが分かりましたが、だからといって飲み過ぎは禁物です。コーヒーを飲み過ぎることによる副作用には次のようなものがあります。

【コーヒーを飲み過ぎることによる副作用】
  • 神経過敏
  • カフェインを取ることは眠気を覚まし、集中力を増させますが、取り過ぎは神経過敏となり、興奮状態が続きます。神経過敏がひどくなると耳鳴りや眩暈の原因となってしまいます。

  • 睡眠障害
  • やはり、これもカフェインの取り過ぎによる副作用です。睡眠障害により昼間眠くなってしまうため、更にコーヒーで眠気を覚ますという悪循環が起きる可能性もあります。

  • 不整脈
  • カフェインは体を興奮させる効果があるので、過剰摂取は頻脈など、心臓の負担を上げる原因になります。さらに悪化すると不整脈発作などを起こす可能性もあります。

  • 胃粘膜を荒らす
  • コーヒーは粘膜を荒らしてしまう副作用があります。真っ先に影響が出るのは胃です。胃粘膜が荒れると消化不良を起こしてしまいます。また、カフェインには胃酸の分泌を促す効果があるので、胃粘膜が荒れている時に胃酸が出ることで更に胃を荒らしてしまいます。空腹時のコーヒーの飲み過ぎには注意が必要です!

とにかく、コーヒーは刺激が強く、副作用もそれなりに大きいので、飲み方には注意が必要です。

目安としては、一度に飲む量をブックコーヒー換算で150mlくらいにし、一日あたり最大3回くらいにしましょう

また、飲むのは必ず食後にしてください。空腹時に飲むのは胃腸にも良くないですし、食後の方がカフェインの働きを緩やかにすることもできるからです。

スポンサーリンク


まとめ

87cd218812a5f38195b7e1203a4838c0_s
コーヒーには飲み過ぎると身体に良くないという漠然としたイメージがあります。確かにその通りなのですが、正しい知識を持って飲むことで、様々な健康効果が得られます。

適度な量を飲むことで集中力も増して、様々な健康効果もあるので、是非正しい飲み方でコーヒーの健康効果をゲットしてくださいね!

私もこれから適度にコーヒーを楽しむことにします!


スポンサーリンク


コメントを残す



このページの先頭へ