痛風予防の食事!尿酸値を下げるには肉を断つだけじゃダメ!



私は健康診断の血液検査では、尿酸値がいつも基準値の前後をいったりきたりしています。体質もあるらしいのですが、やはり自分の食生活に原因があることが明らかです。

でも、毎日忙しいとついつい外食も増えてしまいます。そして、外食の場合どうしても高カロリーで高プリン体の肉中心の食事ばかりです…。そんな食生活を続けていたらいつか痛風になってしまうんじゃないかと、私と同じ悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか?

しかし、あることにだけ注意して食生活を変えたら、尿酸値を下げることに成功しました!

今回は私も実践して効果のあった痛風予防の食事についてお伝えします。実は私たちが良いと考えている尿酸を下げる方法はあまり効果が無いんですよ!

スポンサーリンク


痛風って何?

尿酸値を下げる方法をお伝えする前に、尿酸値が上がるとかkる可能性がある怖い病気、「痛風」について軽く説明しておきます。

【痛風とは】
痛風とは普段血液中に溶け込んでいる尿酸が、結晶化してしまい関節などに蓄積します。結晶化した尿酸を白血球が攻撃して尿酸結晶付近の血管壁が炎症を起こして、ダメージを受け激しい痛みを引き起こします。

尿酸は普段は結晶化したりしませんが、血液中の尿酸の濃度が上がると稀に結晶化してしまいます。

尿酸は肉などを分解した後にできる、プリン体という物質がもとになってできるため、プリン体を多く含む食べ物は痛風のリスクを高めることが知られています。
じゃあ、痛風を予防するためには肉を避ければ良いんでしょと思うかもしれませんが、本当にそうなのでしょうか?次から実際に尿酸値を下げるための方法について見ていきましょう!

スポンサーリンク


尿酸値を下げる方法

尿酸値を下げるには実はプリン体の多い食事を避けることよりも意識した方が良いことがあるのです。順番に尿酸値を下げる方法を見ていきましょう!

管理人の私もこの方法を健康診断の2週間前から実践して、尿酸値が改善しました!

アルコールの量を減らす!

d5e0844c67018c976d19a2b701348ca2_s
ます最初は、アルコール飲料の量を減らすことです。とは言ってもビールを止めれば良いということではありません。ジャンルを問わずお酒自体を減らした方が良いということです!

実はアルコール自体がたくさんの尿酸値を生む原因になります。お酒を飲むとアルコールが肝臓で分解されます。そのアルコールを分解する過程で尿酸が生成されてしまうのです!更に飲酒自体が尿酸を尿にして排泄するのを妨げてしまいます。そしてまたまた更にお酒を飲む時というのは、肉や魚などプリン体の多い食べ物がとても合うので、プリン体をたくさん含む食べ物を多く食べてしまいます。この尿酸3重奏により、体内には大量の尿酸が生成されてしまうのです!

悪影響があるのはアルコールであって、食べ物ではないのです。管理人の私もご飯のおかずをカロリーや栄養を考えて肉から魚に変え、その代りお酒の量を減らしたところ尿酸値はかなり改善しました。痛風が贅沢病と言われる理由はここにあるんですね!

アルコールの量を減らすだけで、かなり効果があると思います。アルコールはくれぐれもほどほどにしましょう!

水をたくさん飲む!

これは尿酸値が高いとお医者さんから良く勧められると思います。水を飲むと良い理由は、たくさんの尿を出すことによって、尿酸を排泄することができるからです。

プリン体というのは植物性の食品でも、動物性の食品でも、基本的にどんな食べ物にも含まれているため、食べる物を選んでもあまり効果がありません。いかにして効率良く排泄するかを考えると良いのです!

食べる量を減らす

最後は食事の量を減らすことです。ここで言っているのは肉やビールなどのプリン体を多く含むものを減らすということではなく、食事の量自体を減らすということです。既に説明した通り、どんな食べ物にもプリン体は含まれているので、食べる物を選んでも、さほど効果はありません。それよりも食事の量自体を減らすことの方が全体のプリン体の量を減らすことができるのです。

食事量を減らすことは、消化酵素を節約できるため体にも良いですし、摂取カロリーを減らすことにもなるので、何を食べるかを気にすることよりも食べる量を減らすことの方が全体的な健康効果は高いのです!

スポンサーリンク


尿酸ができる原因は?

尿酸値を下げる方法の理解を深めるために更に大切なのは、尿酸の正体を知ることです。最後に尿酸が体内でできる仕組みを見ていきましょう!

尿酸はタンパク質の代謝物

尿酸は体内でタンパク質が分解される際に最終的に生成される物質です。よく聞く通り、肉などタンパク質をたくさん含む食品を食べることで、それらの食べ物を消化分解する過程で最終的に尿酸ができます。

しかし、尿酸ができる元になるものはこれだけではありません。人間の身体の細胞の多くはタンパク質からできています。人間の体の細胞の多くは毎日入れ替わっています。死んだ細胞は分解され、また新しい細胞が増えるということを繰り返すわけですが、この過程でもタンパク質が分解されるので、尿酸が代謝物としてたくさん生成されます。

この体細胞の代謝は全身で起こっているので、実はこの代謝によって、とてもたくさんの尿酸を生んでいるのです。

体内で生産される尿酸は全体の80%!

それでは、体の代謝機能によって生成される尿酸の量はどれくらいなのでしょうか?

なんと、体細胞の代謝によって生成される尿酸の量は全体の80%にもなります。食べる物や飲み物からできる尿酸が残りの20%なので、ほとんどは生きていれば自然にできてしまっていることになるのです。

食べ物に含まれるプリン体

0b133492a45fecdeb8e58d1de270e44d_s
ほとんどは生きている限り、自然にできてしまうプリン体ですが、それでも食べ物からできる尿酸は無視できません。そこで、尿酸ができる原因になると言われているプリン体の量を食品別、アルコール飲料別に見てみましょう!書いてある数字は、そのジャンルの食品、アルコール飲料での平均値です。実際にはもう少しばらつきがあるので、ご注意ください。

【食品100gあたりのプリン体の量(おおよその平均値)】
肉類:100mg
レバー:250mg
魚:150mg
魚の干物:250mg
野菜:50mg
穀類:40mg

【アルコール飲料100mlあたりのプリン体の量(おおよその平均値)】
焼酎:0mg
ウイスキー:0.1mg
日本酒:1.2mg
ワイン:0.4mg
ビール:5mg
発泡酒:3.5mg
紹興酒:11.5mg

肉食が良くないと言われますが、なんと魚の方がプリン体の量は多いのです。また、野菜にも意外にプリン体が多く含まれています。

また、アルコールでは、ビールよりも紹興酒の方がプリン体の量が多いことが分かります。

しかし、ここでは食べ物なら100gあたり、アルコールなら100mlあたりのプリン体の量を書きましたが、大切なのは食べる量です。例えば魚より肉の方がプリン体が少ないとはいっても、実際に食べる時になると肉の方が焼き肉などで、一度に多量に食べてしまうものです。また、ビールであれば500mlや1000mlくらいはすぐに飲んでしまいますが、紹興酒でそんなに飲むことは無いですよね?そのため、肉やビールがプリン体大量摂取の代表とされているのです。

とはいえ、既に説明した通り、それぞれの食品に含まれるプリン体の量を気にするより、飲み食いする量を減らすことの方が大切なので、紹介した数字はあくまでも参考程度にしてくださいね!

スポンサーリンク


まとめ

146939

今回は尿酸を下げる方法を見てきました。

私も正しい方法を知るまでは、お酒はビール以外を飲んでれば良いと思ってましたし、肉以外をお腹いっぱい食べてました…。しかし、良い方法はお酒を減らし、普段から水を多めに飲んで、腹八分目の健康的な食生活をすることでした。健康に近道は無いんですね…。

というわけで、健康診断の前だけでなく、普段から健康的な食生活をしようと思う管理人でした!


スポンサーリンク


コメントを残す



このページの先頭へ