車酔いの原因とは?三半規管と視覚のズレが問題だった!



自動車に乗る時の車酔いが悩みの方も多いのではないでしょうか?旅行に行くときなど、長時間自動車に乗る機会がある時にはとても憂鬱ですよね?

子供の時に遠足や修学旅行でバスに乗らなければいけない時には、気持ち悪くなってしまい、悲しいことにあまり楽しい思い出が無いです(T_T)

大人になってもタクシーなどにちょっと乗っただけですぐに気持ち悪くなってしまいます。一緒に乗る人にも気を遣わせてしまいますし、うちの妻はそのせいで私と一緒にタクシーに乗りたがらないという始末…。

一体、この厄介な車酔いの原因はなんなのでしょうか?

今回は厄介で憂鬱な車酔いの原因についてお伝えします!

スポンサーリンク


車酔いの原因

まずはイヤーな車酔いを引き起こす原因から見ていきましょう。

5ddef4bfc6d0960d5e3c438e8413e9fa_s

人間が平衡感覚を保っていられる理由

人間の耳の奥には三半規管という、平衡感覚を保つための器官があります。三半規管の中はリンパ液で満たされていて、その流れによって脳は体の傾きや移動を察知しています

しかし、人間にはもう一つ平衡感覚を保つために重要な役割を果たす器官があります。それは目、つまり視覚です。体が傾けば目に見える物も傾きますし、歩けば周りの景色も後ろに流れていくわけです。

人間は三半規管と目の両方から得られる情報によって、体の傾きと移動を察知しているのです。

原因は三半規管と視覚の感覚のズレ

では、なぜ車酔いが引き起こされてしまうのでしょうか?実は車酔いは、三半規管と目のそれぞれから得られる情報のズレによって引き起こされるのです!

例えば車酔いに近いものとして、目が回ってしまう現象があります。その場でクルクルと何回か回ると平衡感覚が失われて、立っていられなくなりますよね?そして、あまりに目の回り方がひどいと気持ち悪くなってしまうと思います。まさにその状態は車酔いの状態と同じなのです!

身体を急にクルクル回すと、三半規管の中のリンパ液も急激に回りだします。リンパ液の流れは体の動きを止めてもしばらくは続くため、じっとしていても三半規管は体が回っていると判断して、平衡感覚が保てなくなります。しかし、これだけなら単に平衡感覚が無くなるだけで、気持ち悪くなったりしません。気持ち悪くなる理由は目から入ってくる情報とのズレが原因です。

013005
目を回した後に体の動きを止めた後は、三半規管の中をリンパ液がグルグル流れていますが、景色は止まった状態です。そうなると脳は三半規管と目から入ってくる情報のギャップで混乱してしまい、自律神経の働きが乱されてしまうのです!この自律神経の乱れによって、体は様々な影響を受けてしまうのです…。

車酔いになる原因も基本的には同じです。自動車に乗っている時は、スタートや停止、カーブを曲がる時など様々な揺れがあります。道路が凸凹ならそれによる揺れもあります。その揺れにより、三半規管の中のリンパ液は常に揺れている状態になります。しかし、実際には自動車は移動しているのでずっと景色は流れ続けます。そのため、三半規管と目からの情報のズレが起きて目が回った時と同じように自律神経の働きが乱されてしまうのです。

目が回った時に自律神経が受ける影響には、個人差があります。私の場合はかなり敏感なようで、目を回すとかなり気持ち悪くなります。一方でフィギュアスケーターは、スピンの練習を積んでいるため、いくら回っても全く平衡感覚が乱されず、微妙なバランス感覚が必要なスケートをし続けることができます。

フィギュアスケーターって凄いんですね…。

気持ち悪くなる原因は自律神経の乱れなのですが、更に自律神経の働きが乱れやすい状態があります。

【自律神経が乱れやすい状態】
  1. 空腹時
  2. 生活習慣の乱れは、それだけで自律神経の働きを乱します。空腹時は普段食べるはずの食事を抜いているということなので、自律神経の働きを乱してしまう原因になります。

  3. 満腹時
  4. 空腹が良くないなら満腹になれば良いのかというとそれも逆効果です。満腹時は消化のために自律神経に負荷がかかってしまうため、自律神経の正常な働きを妨げてしまいます。それに、満腹の時は車酔いになった時の気持ち悪さを、更に強くしてしまうため、食事は空腹感を感じないちょうど良い量にしましょう!

  5. 睡眠不足
  6. 生活習慣の乱れ、特に睡眠不足は自律神経の働きを乱す大きな原因となります。自動車に乗る前はしっかりと睡眠を取りましょう!

  7. 心理的理由
  8. 自律神経の働きを乱す原因として、心理的要因は実はとても大きい理由です。心が不安な時は、自律神経の働きはとても乱されてしまいます。「自動車に乗ると車酔いになってしまうのではないか」という不安が自律神経の働きを乱してしまうのです。
166122
また、実際に車酔いになってしまった場合、原因を知っていても、対処方法を知らないと役に立たないと思います。車酔い対策の方法はこちらの記事で詳しく紹介しているので、良かったらご覧ください!
車酔い対策!ツボや飲み物などすぐにできる方法をご紹介!

スポンサーリンク


まとめ

193357
車酔いになる原因は三半規管と目からの情報のズレが引き起こす自律神経の乱れが原因であることが分かりました。自動車に乗る前は、普段と同じ生活習慣で、平常心であることが大事ということですね!

でも、旅行の前などはワクワクして中々寝付けないものです。管理人の私も実はそういうタイプでやたら早起きしてしまいますが、なるべくリラックスして平常心で前の夜は早く寝てしまうのが一番ですね!


スポンサーリンク


コメントを残す



このページの先頭へ