「海の日」の由来について調べてみると長い歴史がありました!



7月の祝日である「海の日」は、制定されてから比較的日も浅い祝日です。それまでは夏には、祝日が無かったので、初めての夏に祝日ができたーと嬉しかったのを覚えています。

地方によって差もありますが、7月20日頃には日本のほとんどの地域で梅雨明けしている頃なので、本格的な夏に突入後の最初の連休となり、夏の遊びを思いっきり楽しむ方も多いのではないでしょうか?

そんな海の日は、いつから祝日になったのでしょうか?そして、どのような歴史があるのでしょうか?今回は海の日の由来について調べてみたので、共有したいと思います!

スポンサーリンク


海の日ができるまでの道のり

早速、海の日ができるまでの歴史について見ていきましょう!

海の記念日ができるまで

祝日化される前の海の日は、元々は「海の記念日」という記念日でした。この海の記念日ができたきっかけは、明治9年(1876年)に明治天皇が東北地方巡幸の際に「明治丸」という船で航海し、7月20日に横浜港に帰港しました。

これにちなんで、1941年に当時の逓信大臣であった村田省蔵の提唱によって、「海の記念日」が制定されました。

KAZ86_namiuchigiwa500_TP_V1

海の日ができるまで

「海の記念日」から「海の日」という祝日ができるまでには、実に3回もの祝日化運動が実施されています。

第1回の祝日化運動
第1回は昭和34年~昭和41年に行われました。当時の日本海事振興会、日本船主協会、日本造船工業会、大日本水産会、全日本海員組合の海事関係5団体が「海の日協会」を設立し、祝日化運動を行いました。

しかし、この時には祝日になることはありませんでした。

第2回の祝日化運動
第2回は昭和46年~昭和48年に行われました。当時の全国海友婦人会が、内閣に対し、12万人の署名を添えて祝日化を請願したのをきっかけに、祝日化運動が始まりました。

12万人もの署名が集まったのに、またしても祝日にはなることができませんでした。

第3回の祝日化運動
第3回は平成3年から始まりました。日本船主協会の根本二郎会長が、祝日「海の日」制定を提唱しました。これをきっかけに本格的に政府が祝日化の検討を始めました。

この間、祝日化を希望する人の署名を1000万人分集めるなど、活動は盛り上がり、一気に海の日制定への機運が高まりました!

海の日はいつからできた?

MIMIYAKO85_jetumi20140726500_TP_V1
そして、ついに平成7年に「海の日」を祝日とする法案が可決され、平成8年(西暦1996年)の7月20日から、祝日となることが決まりました。

祝日化運動の歴史は長かったんですねー。知らなかったので、意外でした…。

そんな「海の日」は制定されてから、ずっと7月20日だったのですが、平成15年の祝日法改正により、いわゆるハッピーマンデー制度の対象となり、7月の第3月曜日が、「海の日」となりました。こうして「海の日」は必ず3連休になり、今に至ります。

ちなみに海の日以外の国民の祝日については、こちらの記事に詳しく書いてあるので、良ければご覧ください!
祝日と祭日の違い!現在は祭日は無いって知ってましたか?

スポンサーリンク


まとめ

MIMIYAKO85_yadokarisan20140727500_TP_V1
海の日の由来は、日本人にはあまり浸透していないようですが、実は長い歴史があるものでした!

しかし、最近では7月20日に戻そうという動きがあり、ここ最近では、7月20日に戻るのが現実的になってきているようです。理由は、「海の日」の元々の意義が薄れてきているからだそうです。

私としては、何でもかんでもハッピーマンデーじゃなく、適度に週の真ん中あたりにお休みも欲しい方なので、個人的にはありがたいですけどね。ちなみに「海の日」を祝日にしているのは、世界でも日本だけだそうです。

日本にしかない特別なこの「海の日」思い切り楽しみましょう!


スポンサーリンク


コメントを残す



このページの先頭へ