ハロウィンのジャックランタンの簡単でお手軽な作り方!



最近では日本でもハロウィンを盛大に楽しむようになってきましたね!ハロウィンでは仮装パーティをやったりと普段できないことをやって楽しみたいという人も多いことと思います!

そんな、ハロウィンで付き物といえば、カボチャのランタンのジャックランタン(ジャックオーランタン)ではないでしょうか!ハロウィンのイベントを盛り上げるために手作りのジャックランタンがあれば最高ですよね!

そういうわけで、今回はジャックランタンの簡単でお手軽な作り方をお伝えしていきます!

スポンサーリンク


ジャックランタン作成のために準備する物

ジャックランタンを作るためのカボチャは、スーパーで売ってるようないつも食べてるカボチャを使うわけではありません。まず最初にここでは、ハロウィン用のカボチャの入手方法やジャックランタン作成に必要な道具をお伝えします。

カボチャ

ジャックランタンを作るためのカボチャは、スーパーで売ってる緑色のカボチャではありません。絶対ダメというわけではありませんし、同じ作り方でジャックランタンにできるのですが、ハロウィンのテーマカラーであるオレンジに近い色のカボチャを使った方が雰囲気が出るのでおススメです!

ハロウィン用のカボチャは、インターネットで検索すれば9月頃から通販サイトが見つかるので、そういったところで購入するか花屋さんやデパートなどで売っています。ランタンにするくらいなので、一抱えする位の結構な大きさのカボチャです。

道具

次はジャックランタンを作るための道具です!カボチャさえ手に入れれば、道具は家に普通にあるもので簡単にできます。

【必要な道具】
  • ナイフ

  • マジックペン

  • スプーン

  • 新聞紙

  • 手袋(なくてもOKです)

  • キャンドル

スポンサーリンク


作り方手順

63dd6be9b4bc8ee94c6175dbc3d0533b_s それではいよいよ作り方の手順です!

下書き

まず、カボチャの表面にくりぬくためのデザインをマジックペンで下書きします。お好きなデザインで描いてください!

ちなみに顔のデザインはGoogleなどの画像検索でジャックオーランタンで検索するとたくさんのデザインが出てきますよ!

種を抜く

次に中身を抜きます。カボチャのお尻の部分に穴を開けて、そこから中の種を全部取り出します。手袋をした上で、スプーンや手で取り除いてください。

ジャックランタンに適したカボチャは水分が多いため、傷みやすいので、なるべく実の部分も削り取ると長持ちしやすいです。ただし、あまり実を削り過ぎて薄くし過ぎると今度は壊れやすくなってしまうので、ほどほどにしてくださいね。

切り込みを入れてくり抜く

いよいよ、最初の下書きに従って、カボチャをくり抜いていきます。

まずは失敗しないように下書きの線の少し内側にナイフを入れてくり抜き、それから少しずつ削っていくようにするとやりやすいです。

明かりを灯す

デザイン通りにくりぬき終わったら、最後に火を灯したキャンドルを中に入れて完成です!使用するキャンドルは棒状のものではなく、ティーキャンドルがおススメです!
IMG_2141
ジャックランタンの作り方の画像もあったので、参考になさってください!


スポンサーリンク


保存方法

さて、最後にジャックランタンの保存方法です。ジャックランタンは生のカボチャを使って作っているため、残念ながら非常に傷みやすいです。ジャックランタンにする前のカボチャのままなら、一ヶ月くらいは平気で持つのですが、ジャックランタンにしてしまうと、2日~5日程度しか持ちません。

ジャックランタンに適した品種のカボチャは水分が多めのため、腐りやすいのです。そんな、ジャックランタンを少しでも長持ちさせる方法をお伝えします。

【ジャックランタン保存のコツ】
  • 良く乾かす

  • 風通しの良い所に置く

  • 直射日光を避ける

  • 涼しい所に置く

まず、完成したら風通しの良い所に置いて、できるだけ乾燥させます。そして、暗くて涼しい所に保管してください。

それでも、いずれは傷んでしまうため、カボチャをジャックランタンにするのはハロウィンのイベント直前にするようにしてください!

f38bd663b42d2b786054fea4339eb583_s
スポンサーリンク


まとめ

今回はハロウィンのカボチャのランタン、ジャックランタンの作り方をお伝えしました!

ハロウィンのイベントにジャックランタンがあると、とてもムードが出て盛り上がるので、是非一度作ってみてくださいね!


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連コンテンツ


コメントを残す



このページの先頭へ