パーティーのゲーム!手軽にできるネタを紹介!



ホームパーティーなどをやる際には、当然来てくれた人に楽しんでもらいたいですよね。料理や楽しい会話でおもてなしするのも大切ですが、手軽に場を明るく盛り上げるためには、ゲームなどをやるのも効果的です!

今回はパーティーを盛り上げるのに役に立つ、手軽にできるネタをご紹介します!

スポンサーリンク


パーティーで役立つゲーム

早速、パーティーで役立つゲームのネタとその説明をしていきます。

今回紹介するネタは次の7つです。

  • 10大ニュース発表
  • パスタタワー作りゲーム
  • 壊れたラジオ
  • ピクショナリー
  • 絵しりとり
  • 31ゲーム
  • ホワイトエレファント

ちなみにパーティーに集まっている人が、初対面の人同士で少し緊張しているのを感じる場合、ここで紹介するゲームをやっても段々と緊張はほぐれていきます。

しかし、パーティーの最初にアイスブレイクのゲームをやっておくと、ゲームをやる時に更に盛り上がるので効果的です。

アイスブレイクのネタはこちらの記事で紹介しているので、良ければこちらもご覧になってください!
アイスブレイクのネタ!大人数でできるゲームを紹介!

c011bcb118c58d98f25136d35ac2635a_s

10大ニュース発表

ここ最近、自分に起きた10大ニュースをそれぞれの人が発表するだけです。10個というのはなかなか難しいので、「先週食べたラーメンがマズかった」など最後は些細なことや変なことなど、無理やりな内容になってしまうのが、面白いゲームです。

さすがに10個はキツイというなら、少し数を減らしても構いませんが、適度な負荷がかかる数にしておかないと面白さが出てきませんので、ご注意ください。

パスタタワー作りゲーム

まず、市販のスパゲティ、マシュマロ、セロテープ、新聞紙などを縛る紐を用意します。次に何人でも良いので、複数人のチームに分かれます。

ルールは用意された物を使って、制限時間内により高いタワーを作ることのできたチームが勝ちです。ただし、出来上がったタワーのてっぺんにはマシュマロを刺さなくてはなりません。また、完全に手を放した状態で自立できることが条件です。

苦労して建てたタワーが意外に脆く崩れ去る様は、阿鼻叫喚を生み出してとても盛り上がります!

壊れたラジオ

最低3人くらいのチームに分かれます。そして、3文字の単語を決めて、そのチームから3人の代表者を出して、その単語の1文字ずつをそれぞれの人が同時に言って、他のチームはそれがなんの単語であるかを当てるゲームです。文字数が増えるとそれだけ難易度が上がります。

例えばラジオという単語をお題に選んだとしたら、チームからAさん、Bさん、Cさんを代表で出して、Aさんが””、Bさんが”“、Cさんが”“と同時に言います。

単純なルールですが、色んな珍回答が出るので楽しいゲームです!

ピクショナリー

まず、紙などを用意しておきます。

基本的には連想ゲームと同じですが、違うのはヒントになるのが言葉ではなく、であることです。

ルールは複数人のチームに分かれて、そのチームから代表者を出します。代表者にだけテーマを見ることができます。あとは、そのテーマのヒントになる絵を描いていって、チームメイトが当てるというものです。

言葉を発したり、文字を書いたりするのは反則です。

絵心の無い人が書いた方が、断然面白いゲームです。

絵しりとり

ルールは非常にシンプルです。複数人のチームに分かれて、絵でしりとりをするだけです。

シンプルなルールでありながら、とても盛り上がるゲームです。ピクショナリーと違って、全員が絵を描かなければいけないので、色々な面白い絵が笑いを誘います。

31ゲーム

参加者は順番に数字を数えていきます。一人の人は最低1つ、最大3つまで数えることができます。最終的に31を数えさせられた人が負けです。例えば…

Aさん「1,2,3」
Bさん「4,5」
Cさん「6,7」
Dさん「8」
Aさん「9,10」

…といった感じで最後に

Aさん「27,28」
Bさん「29,30」
Cさん「31」

というように31まで数えたら終了です。そしてこの場合はCさんの負けです。必勝法もあるのですが、つまらないのであえて非公開にします(^_^)

参加者が多い場合は適宜数字を増やしていくと良いです!

ホワイトエレファント

こちらはクリスマスパーティーなどのプレゼント交換でやる変わったゲームです。

まず、プレゼントをもらう順番を決めるくじを引きます。そして、くじで決まった順に欲しいプレゼントを選んでゆくのですが、全ての参加者には一回だけ人のプレゼントを奪い取る権利が与えられています。欲しいと言われた人にはそれを拒否する権限はありません。そのため、いつ自分の権利を行使するかその駆け引きが楽しめるゲームです。

このゲームの注意点ですが、より良いプレゼントを奪い合うという性質上、奪い合うプレゼントをみんなに持ち寄ってもらう形式にしてしまうと、自分のプレゼントが人気が無かった時に恥ずかしい気持ちになってしまう参加者もいるため、主催者が全てのプレゼントを提供する形式にした方が、参加者全員が心置きなく興奮して楽しめるゲームになります。

スポンサーリンク


まとめ

Šî–{ CMYK
今回はパーティーのゲームのネタを紹介しました。

来てくれた人たちが打ち解けて楽しい時間になるために、楽しいゲームはとても役に立つので、是非参考にしてみてくださいね!次回はもっと大人数で楽しめるゲームも紹介してみようと思います!


スポンサーリンク


コメントを残す



このページの先頭へ