みかんの保存方法!長持ちさせるための3つのコツを特集!



コタツにみかんは日本人の冬における名コンビです!昔のみかんは結構酸っぱいものもありましたが、最近のみかんは本当に甘くて美味しいですよね!私の母はみかんが好きで、みかんの時期はみかんを箱で買って、肌が少しオレンジ色になるくらい食べていました。

しかし、みかんを箱で買ってしまうと、一番の問題は保存方法です。気付くと箱の中のみかんがカビだらけになんてこともしばしばです…。

そんな惨事を避けるためにも、みかんを腐らせずに保存する3つのコツを紹介します!

スポンサーリンク


みかんの保存方法

みかんは箱で買うことも多いので、腐らせないように注意したいものです。そのための保存方法を見ていきましょう!みかんは常温保存が基本なので、常温で保存する場合の方法を見ていきます。

みかんを腐らせずに長期間保存するコツは風通しを良くすることが一番です。全てのみかんを箱から出して、新聞紙を広げた上に並べるなどしておければよいのですが、なかなかそんな保存方法は難しいので、以下のようにして保存すると良いと思います。

121325
【みかんを保存する3つのコツ】
  1. 買ってきたら全てのみかんを箱から出してチェックし、傷んでいるみかんは捨てる。その後も定期的にチェックする

  2. 傷んでないみかんは箱に戻します。この時はひっくり返してへたが下になるようにする

  3. 暖房の効いていない場所に箱を置いて蓋は開けておく


次にそれぞれの意味について説明します!

定期的にチェックする

面倒かもしれませんが、2日~3日に一度はチェックしましょう。カビが生えたみかんがあるとその周りのみかんもたちまちカビが生えて腐ってしまいます。傷んだみかんを発見したら、すぐに捨ててしまいましょう!

また、チェックする時にはやはり一度みかんを箱から出して、形の崩れている物から先に食べるようにして、綺麗なものを箱に戻すようにするのが理想的です。

1966d5d2f5af5320014dfa89c36f59e7_s

ひっくり返して保管する

みかんはお尻の部分よりへたの部分の方が比較的丈夫なので、箱の中に積んでおく時はへたを下向きにするとみかんの形が崩れにくく長持ちします。面倒がらずにへたを下向きにして、箱に入れましょう!

風通しを良くする!

最初にも書いた通り、みかんの保存の基本は風通しを良くすることです。そのため、気温の低い風通しの良い部屋で蓋を開けて保管してください。定期チェックでみかんを入れ替える時は、元々箱の下にあったみかんを上にするなどするとなお良いです!

ちなみに気温が低いと言っても基本的にみかんは常温保存が一番長持ちするので、冷蔵庫に入れたりするのはやめた方が良いです。

スポンサーリンク


まとめ

6fcf2d8f4ade5f36498c91920103eed3_s
というわけで、みかんの保存方法の3つのコツをご紹介しました。

ポイントは、風通しと温度と、どれだけ他のみかんの下敷きになっていたかを気にすることです。これらのポイントに注意しておけばみかんを長持ちさせることができますよ!

私は食べ物のことを書くと決まって、それが食べたくなるのですが、例によってみかんが食べたくなってきました…。早速、箱買いして、この方法で保存してみたいと思います!

ちなみにみかんを食べる時の筋の綺麗な取り方について書いた記事があるので、良ければご覧ください!
みかんの筋の簡単な取り方!でも取らない方が体に良いです!


スポンサーリンク


コメントを残す



このページの先頭へ