花火大会の混雑を避けるための行動方法を完全解説!



先日、管理人の私は花火大会の観覧席の抽選が当たったので、喜んで花火を観に行きました!生まれて初めてちゃんとした観覧席で見る花火だったため、大興奮でとても素晴らしい時間でした!

ちなみにこちらは、その花火大会の花火の動画です!


しかしながら、かなり有名で大規模な花火大会だったため、行きも帰りも半端ない混雑ぶりでぐったり疲れ切ってしまいました…(>_<)思い出してみれば、私の人生で花火大会の思い出といえば、とにかく混んでて大変!というイメージしかありません…。

そこで、今回は私の経験から、混雑ぶりが半端ない花火大会でも、混雑を避けて心に余裕をもって楽しむための行動方法をお伝えします!

スポンサーリンク


花火大会の混雑を避けるための行動方法とは?

花火大会の混雑を避けるための行動方法を以下の3つに分けて見ていきましょう!

  • 観覧場所

  • 観覧場所までの移動

  • 帰りの移動

937165e42c8c8a2960227a07d6049343_s

観覧場所について

一番大切なのは、花火を見る場所の確保ですよね。花火を見る場所については穴場を紹介しているWebサイトなどもたくさんありますが、管理人の私としては、そういった場所は結局のところ大勢の人でごった返していて、しっかり管理も行き届いていないため、マナーの悪い人のためにストレスを感じてしまったりと、ゆっくり快適に楽しむことは難しいと思います。

花火大会は花火を楽しむものなので、見る場所は一番大切です!混雑を避けて、更に充分楽しみたいのであれば、その花火大会の公式会場を取るようにしましょう!

有料観覧席を取る
花火大会を本当に楽しい思い出にしたいのであれば、ケチケチせずに有料の公式会場を予約してしまうのが一番のおススメです!

有料観覧席は主催者側の係員が管理しているため、トラブルも少なく、適切な人数しか収容しないので、とても快適に花火を楽しむことができます!

東京の花火大会の有料観覧席を紹介した記事があるので、参考になさってください!
東京の花火大会2015!有料席の取り方情報です!

抽選の公式会場に応募する
抽選などで当たる無料の公式会場を取る場合です。競争率はどの花火大会でも高いので、席が確保できるかどうか確実性は低いですが、主催者側がしっかり管理しているので、有料観覧席と同じように快適に花火を楽しむことができます!

フリーの観覧場所を確保
最近は観客同士のトラブルが多いため、無料の観覧場所を用意している花火大会は少なくなってきましたが、主催者側公認の観覧場所であれば、係員がいて整理してくれている場合があるので、その場合は良いでしょう!

場所の確保については、主催者側の指定したルールを守って正しい方法で場所取りをしてくださいね!

観覧場所までの移動

花火大会当日はどの大会も大変な混雑なので大混乱です。観覧場所までの移動するのも一苦労ですが、何よりも大変なのが、待ち合わせです。あまりの人ごみなので、どのようにして観覧場所まで、行くのかもちゃんと計画しておくのがとても大事です!

観覧場所に現地集合
既に観覧場所は予約済みで、席の位置が決まっているのであれば、観覧場所に現地集合が一番混乱が少ない方法です。チケットなどがあれば、あらかじめみんなに配っておきましょう!

あらかじめ別の場所で合流してから移動
観覧場所を当日確保するような場合だと、上記の現地集合の方法は使えないので、その場合は別の場所で全員合流してから、一緒に観覧場所に向かうようにするのをおススメします!

とにかく花火大会の会場や会場付近で待ち合わせするのは、大混雑のために出会うことができずパニックになるので、絶対にやめましょう!

帰りの混雑を避ける方法

さて、最も混雑し、そして、ウンザリしてしまう帰りの混雑を避ける方法です。帰りの電車やバスは、大変混雑するため大混乱です!駅にたどり着くのも困難です。そのため観覧場所だけでなく、帰る方法もしっかりと計画していることが、とても大切です!

お店を予約しておく
一番のおススメは観覧場所付近のカフェやレストランを予約しておくことです!花火大会が終わったら、予約してあるお店に移動して、帰りの混雑が解消されるまで待ってから帰るわけです。

花火大会は60分~120分程度なので、花火中の飲食を軽めにしておいて、予約しておいたお店で食事するのも良いと思います。

終了前に移動を開始する
お店を予約しない場合で、混雑を避けたい場合は、花火終了前に移動を開始するしかありません。この場合は電車などの公共交通機関の駅に直接向かうパターンとやはりカフェやレストランに入って混雑をやり過ごすパターンの2種類があります。

いずれの場合もその場所に行くまでの所要時間を把握し、完全に花火大会が終わるまでに目的の場所に到着できるようにすることが肝心です。駅やお店に到着する前に花火大会が終わってしまうと既に帰途に就いた人々の混雑の群れに巻き込まれてしまうので、しっかりと計画を立てることがとても重要です!

この方法の場合は花火を最後まで楽しむことができず、帰りも慌てて帰る感じになってしまうのが難点です。

d368203b634282ace65f39262066c0f9_s
スポンサーリンク


まとめ

というわけで、混雑回避の方法をまとめると以下のようになります!

【花火大会の混雑を避けるための行動方法!】
  • 観覧場所は主催者側の係員がいる公式会場を確保する

  • 花火大会の会場やその付近で待ち合わせをしない

  • 帰りの混雑を回避するためのお店を準備しておく

花火大会を良い思い出にするためにも、しっかりとした計画を立てて心に余裕を持って楽しんでくださいね!


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連コンテンツ


コメントを残す



このページの先頭へ