エスカレーターは大阪は右で東京は左!境界はどこ?



以前、大阪に行った時に、繁華街にあるエスカレーターでみんな右側に寄っているのを見てカルチャーショックを受けました!エスカレーターは大阪は右側に寄り、東京は左側に寄るのが暗黙のルールであるのは良く知られていますよね!?

でも、エスカレーターの右寄り、左寄りの境界になる場所ってどこなんでしょうか?先日、初めて静岡県の浜松に行ったのですが、駅のエスカレーターで、「静岡ってどっちに寄ればいいんだろう…?」としばらくエスカレーターの前で立ち止まってしまいました。(ちなみに静岡は左寄りでした)

というわけで、気になると調べずにいられない私は、今回はエスカレーターの寄る側の境界はどこなのかを調べてみました!

スポンサーリンク


片側を空ける理由

エスカレーターの立つ側の境界線を見ていく前に、そもそも片側立ちの暗黙のルールのルーツを調べてみました。

エスカレーターで片側を空ける目的は言うまでもなく急いでいる人が、昇り降りするのを邪魔しないためです。

それでは、この暗黙のルールが定着するきっかけは何だったのでしょうか?実は元々はイギリスでエスカレーターの混雑緩和のために考案されたマナーだったそうです。日本にそのマナーが伝わったのは1967年の阪急梅田駅の移転時にエスカレーターが長くなったため、急ぎたい人のためにエスカレーターの右側に立って、急ぐ人のためにスペースを空けるようにアナウンスするようになったのが始まりと言われてます。

そして、その後1970年の大阪万博でも、動く歩道に右側立ちを求めるアナウンスがされ、エスカレーターや動く歩道での右側立ちのマナーが定着していきました。なんとルーツをたどると、エスカレーター片側立ちのマナーは大阪がルーツであり、右側に立つのが元々の作法だったのです!

東京を始めとした左側に立つ地域で、何で左側に立つようになったかについての理由は定かではないようです。

1f3c50392e6d2f5cfffb9a96896c219a_s
スポンサーリンク


右立ちと左立ちの境界はどこ?

それでは、今回の本題である左側立ちと右側立ちの境界線について見ていきましょう!

右立ちする地域

エスカレーターや動く歩道で、右側立ちする都道府県を調べてみたところ、なんと以下の5つだけでした!
  • 奈良県

  • 大阪府

  • 京都府

  • 兵庫県

  • 和歌山県
発祥の地、大阪を中心とした関西の府県だけでした。もっと多くの県が、右側立ちなのではないかと思ってましたが、意外な結果でした。

ちなみに実際はきっちり県で区切ることはできず、路線の中で境界になる駅が存在すると思われますが、そこまで調べきれてないので、目安と思ってください。

6faf6281d2255f3bc6f23cb59cae4786_s

最近のマナー

ここまでは、エスカレーターではどちらかの側に寄って立つことを前提にしたお話でしたが、最近はどちらかの側に寄るのは推奨されていないようです。日本エレベーター協会は、エスカレーターで歩くことは転倒や隣の人の荷物にぶつかるなどの恐れがあり危険なので、やめるように呼びかけています。

また、エスカレーターは各ステップに2人ずつ立って使うのが最も輸送人数が多くなり、片側を空けて使うのは輸送効率が悪いというのも理由の一つだそうです。

と言われても、昇る道を塞いでたら急いでいる人に怒られそうですし、なかなか定着しなさそうですね…。

スポンサーリンク


まとめ

というわけで、エスカレーターで右側に寄るのは、関西の府県だけでした!

最初はもっと多いのではないかと思ったのですが、意外に少ないんですね。

これで色々な地方に行っても迷わずに済みます。

そんなわけで、早速、旅行に行きたくなってしまう管理人でした!


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連コンテンツ


6 Responses to “エスカレーターは大阪は右で東京は左!境界はどこ?”

  1. 初めまして、こんにちは

    先日宮城県仙台市に行ったところ
    仙台駅など、他所者が多いところは左立ちでしたが
    地下鉄など地元民が多いところは右立ちが圧倒的でしたよ
    証拠写真はこちら↓
    http://blogs.yahoo.co.jp/ja9mjb/17235426.html#17236692

    尚、京都も全国から観光客がやってくるせいか
    混在していて、左立ちもあちこちで見かけます

    • yahuhichi より:

      MJBぢぢいさん

      コメントありがとうございます。

      仙台は本当に右側に立ってますね!

      実はあれからまた調べ直したのですが、概ね関西の府県が右側に立って、左側を開ける傾向があるものの、九州の一部でも同じように右側立ちの地域があったりと、なぜか地域によっては右側立ちする場所が現れるようですね。
      はっきりと地域で分かれているわけではないようなので、やっぱり今でも地元以外の場所でエスカレーターに乗る時は、どっち側に立つか観察してから乗るようにしてます。

      ちなみに私も京都で右側立ちしたら、みんな左側立ちして戸惑った経験があります。
      MJBぢぢいさんのおっしゃる通り、観光客が多いからなんでしょうね(^_^;)

      やふひち

  2. kitachan より:

    名古屋に住んでいます。関西でも大阪や兵庫、奈良などは完全に左側を開けていますが、関西でも観光客が多い京都や京都の影響が強い滋賀では名古屋と同じく右側を開けることが多いようです。
    ただし近鉄名古屋駅では大阪難波駅から来た特急が到着した際は大阪からの団体客が多いと自然に左空けになることもあります。

    • yahuhichi より:

      kitachanさん

      コメントありがとうございます!

      到着する電車がどこから来たかにも影響するんですね~。
      教えていただいてありがとうございます!

      でも。名古屋は右になったり左になったりして、混乱しちゃわないんでしょうか?
      ややこしいですね!

      やふひち

  3. yukichan より:

    静岡ですが、新幹線停車の三島駅、静岡駅、浜松駅などは東京から出張に来た人が多くいるため、右空けが多いですが、ちょっと離れた駅から関係ない場所ですと真ん中に立つ人と、右立ちの人、左立ちの人がいて、ルール化されていません。実際に駅で観察してみると、新幹線では右空けですが、在来線では右立ちや真ん中も頻繁に見かけます。(状況が仙台に近い。)

    個人的に見た経験上、どこでも完全に右空けが徹底しているのは関東の1都6県だけです。

    静岡と同じく長野駅でも真ん中に立つ人も多い気がします。

    また岐阜、滋賀、福井、石川、岡山、広島、山口、福岡などは、前に立っている人が右に立つと後ろの人も右に寄ります。左に立つ人間がいると左に寄ります。割合的には半分半分で、この地域もどちらも言えずだと思います。

    • yahuhichi より:

      yukichanさん

      コメントありがとうございます。

      皆さんのコメントを見ていると、新幹線の駅は様々な地方の人が集まるので、
      左右がグチャグチャなんですね。

      他の県も最近は左右が定まっていないようですね…。
      もはや境界もあってないようなものになってきてますね。

      教えていただいてありがとうございました。

コメントを残す



このページの先頭へ